【最新情報に刷新】デザインに使える使えるMacの最低スペックは?

【学生も社会人も】アドビの買い方総まとめ!お得な買い方もあるよ♪

アドビのソフト、会社では使っているけど家でも使いたいんだよなぁ。どこでどうやって買ったらいいんだろう。
アドビのソフト、以前はDVDで販売していたんだけど今はすべてダウンロード販売に切り替わったんだよ。買える場所も限られているから買い方を紹介するね。

どこで買ったら安いとかもあるの

あ、それ僕も知りたい!僕はまだ学生だから学割みたいなのあるんだよね?
どこで買うかというよりかはいつ買うかが大事かな。タイミングによって安く買えたりするからね。学割もあって、学割を利用するとかなり安く買うことができるよ

 

この記事では、複雑だと思われがちなアドビソフトの買い方をわかりやすく紹介していく。さらに、お得な買い方をタイプ別で紹介するので買い方に迷って買うことを躊躇している人は是非参考にしてほしい。

 

アドビクリエイティブクラウドの気になる値段は?

 

まずは気になる値段から。

アドビクラウドの値段は、プランと契約期間によって変わってくる。

一番人気のコンプリートプランの1年契約/月々払いだと月額5,680円で利用できる。

コンプリートプランとはアドビの全てのソフトが使えるプランで、複数のソフト(3つ以上)を使おうと思うならお得なプランだ。

グラフィックデザイン、写真加工、映像編集にウェブデザインまで専門のソフトを使うことができるのでいろんなことにチャレンジしたい人にもおすすめだ。

プランはコンプリートプランの他に、ソフト1本単位で契約できる単体プラン写真に関するソフトがセットになったフォトプランがある。

1つのソフトしか使う必要がない場合や写真の加工にしか使わない人はこれらのプランを検討してみるといいだろう。

契約期間については1年契約/月々払いの他に、1年契約/一括払い1ヶ月契約のものがある。

この3つの中で一番安いのは1年契約/一括払いで、1年契約/月々払いより、毎月200円から300円程お得だ。

年間契約の場合は1年縛りになるので使わなくても1年分は料金を払わなければならないが、月間契約であれば1ヶ月単位で停止することもできる。

その分月額料金がかなり上がってしまうので使用期間が予めわかっている場合でなければ年間プランのほうがお得になってしまうことが考えられる。

8ヶ月以上利用するなら年間プランのほうがお得になる。

プランと期間の料金を表にまとめてみたので、参考にしてほしい。

コンプリートプラン 単体プラン フォトプラン
1年契約/月々払い 5,680円/月 2,480円/月 ・ストレージ20GB  980円/月
・ストレージ1TB  1,980円/月
1年契約/一括払い 65,760円/年
※月換算で5,480円
26,160円/年
※月換算で2,180円
・ストレージ20GB  11,760円/年
・ストレージ1TB  23.760円/年
1ヶ月契約 8,980円/月 3,480円/月 月々プランはなし

表を見てもらうと分かると思うがプランによって複数の支払い方法がある。支払い方法が選べるのは公式サイトのみの特権で、その他で購入する場合は1年契約/一括払いしか選択肢がないので注意が必要である。また、フォトプランのストレージ20GBも公式サイトのみだ。

 

公式サイトで買うと支払いの選択肢が広がるんだね。一括がお得なのは魅力的だけど、やっぱり月々支払うほうが現実的かな。ちなみに公式サイトいがいだとどこで買えるの?

アドビのソフトはどこで買える

値段がわかったら次はどこで買えるのかが気になってくると思う。

以前はDVDで買えたアドビのソフトだが、現在はダウンロード販売のみになっている。

そのため購入方法は公式サイトなど、主にネット販売になっているが、一部量販店でも買うことができる。

公式サイト以外で買う場合は、シリアル番号が書かれたカードを購入し、専用サイトで記載されたコードを入力することによりソフトがダウンロードできるようになる仕組みだ。

購入できる場所は以下のとおり。

  • アドビ公式サイト
  • Amazon
  • エディオングループ
  • コジマ
  • ケーズデンキ
  • 上新電機
  • ZOA
  • ソフマップ
  • 蔦屋家電
  • PCデポ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ

※公式サイトより

公式サイトとAmazon以外では、店舗に足を運んで買うことができる。ポイントを貯めているなど行きつけの店舗があるならそこから買うのもいいだろう。

特に行きつけがないのなら、公式サイトかAmazonをおすすめする。理由はネットで完結することと、定期的にセールをキャンペーンをやっていてお得に購入することができるからだ。

特にAmazonはプライムセール等セール期間が読みやすいので、買いたい時期と重なるなら狙ってみるといいだろう。

Amazonのセールの対象になるのはいいね。高い買い物だし少しでも安く買いたいからね。ちなみに公式サイトとAmazonだと買い方が変わってくるんだよね。やっぱり複雑なの?

公式サイトとそれ以外での買い方は何が違う


「契約プラン」「契約期間」「ダウンロード販売」これらのワードから想像すると、なにやら買い方が複雑なのでは?と思う人もいるだろう。

たしかにインターネットショッピングを利用したことがない人には戸惑う部分があるかもしれない。ただし、他のネットショッピングとそれほど違いはないので、利用経験があるならスムーズに進められるはずだ。

まずはアドビ公式サイトでの買い方から説明しよう。

アドビ公式サイトで買う方法

アドビ公式サイトの購入ページには、下のバナーから飛ぶことができる。

1.アドビ公式サイトの購入ページに行く

バナーから飛んだ先は、購入プランを選ぶページだ。

ここから希望のプランと期間を選んで購入するといった流れである。

2.プランが決まったら「購入する」ボタンを押す

プランは「コンプリートプラン」「フォトプラン」「単体プラン」に分かれている。自分に必要なプランを選び、「購入する」ボタンを押そう。

 

3.メールアドレスを入力し、「支払い手続きへ」ボタンを押す

「購入する」ボタンを押すと、メールアドレスの入力を求められる画面に移動する。

メールアドレスを打ち込むと「支払い手続きへ」ボタンが押せるようになるので注文内容を確認して押す。

注文内容の契約期間と支払い回数はデフォルトで「年間プラン(月々払い)」が選ばれた状態になっているので変更したい場合は変更する。

注意
入力するメールアドレスは、アドビIDとして使用するアドレスである。このアドレスに購入情報が記録されるので、捨てアドレスではなくちゃんと使用しているアドレスを入力しよう

 

4.支払い方法を選び、必要事項を記入し「注文する」ボタンを押す

必要事項を記入したら「注文する」ボタンを押そう。これで、購入が完了する。

注意
支払い方法は、クレジットカードと銀行振り込み、コンビニエンスストア払いの3種から選べるが、年間プラン(一括払い)以外はクレジットカード払いしか選べないので注意が必要だ

注文が完了したら、先程入力したメールアドレスにメールが届くので確認しよう。その際、IDとして使用するパスワードも設定する。

Amazonで買う方法

公式サイト以外からの購入は、ダウンロードコードを買うことになる。ネット上で購入できるAmazonを例にして紹介しよう。

Amazonの購入画面には下記バナーから飛ぶことができる

 

1.Amazonの購入ページに飛ぶ

バナーから購入ページに飛ぶことができる。

2.「カートに入れる」ボタンを押す

3.「レジに進む」ボタンを押す

4.支払い方法を選択して注文する

 

Amazonでの購入方法は、他の商品を買うのと一緒なので使ったことがある人なら悩むことはないだろう。Amazonからの購入を選ぶ人はすでにアカウントを持っている人だと思うので、購入手順の詳細は省かせてもらった。

バナーから飛んだ先は、コンプリートプラン12ヶ月版の購入画面である。Amazonの場合は、公式サイトほど柔軟性が高くないが、他のプランも購入できる。

 

購入できるプランは以下の通り。

見てもらうと分かると思うが、コンプリートプラン以外はPhotoshopとIllustratorの単体か組み合わせによるものである。映像編集ソフトのAfterEffectsやPremiereを単体購入することはできない。もしそういったソフトが単体で必要な場合は公式サイトから購入する必要がある。

Amazonで購入する場合の特徴として、1年以上の使用期限が選べるということがある。公式サイトでさえ一度に購入できる最長の期限は12ヶ月(1年)であるが、Amazonの場合は12ヶ月の他に、24ヶ月(2年)と36ヶ月(3年)が選べる。

長期間のものを購入する利点は、セール期間での購入にある。割引される時期は限られているのでそこでまとめて買うことで長期間お得に使うことができるのだ。

注意点として、Amazonで買うときには、「オンラインコード版」「パッケージコード版」からどちらかを選ぶ必要がある。

2つの違いはこちら

●オンラインコード版とパッケージコード版の違い
・オンラインコード版…利用開始時に必要な引き換えコードをその場で発行する形式です。購入後、引き換えコードをすぐに確認できるので、早く製品を利用開始したい方におすすめです。引き換えコードは「アカウントサービス > ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」よりいつでも確認できます(商品配送はありません)。 お支払いには、クレジットカード・Amazonギフト券がご利用いただけます(Amazonギフト券をご利用の場合もクレジットカードのご登録が必要です)。
・パッケージコード版…利用開始時に必要な引き換えコードが記載されたカードをご指定の住所へ送付する形式です。引き換えコードを手元に保存したい方におすすめです(商品配送があります) 。お支払いには、クレジットカード・代金引換・コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い・携帯決済・Amazonギフト券がご利用いただけます(一部ご利用いただけない場合があります)。

参照:Amazon

また、24ヶ月版と36ヶ月版はオンラインコード版でしか選べないのも注意が必要だ。

 

購入後、ソフトの利用を開始するまでの手順は以下のとおり

参照:Amazon

Amazonで購入するのはあくまでダウンロードするためのコードであり、ソフトそのものは公式サイトからダウンロードする必要がある。

専用ページのURLや利用方法は、Amazonの購入ページに載っているので参照してほしい。

 

公式サイトとAmazon、どちらで買っても結局は公式サイトからソフトをダウンロードするんだね。買ってすぐダウンロードできるか、コード入力が必要かぐらいの違いなのかな。
プランの柔軟性もあるから、こだわりがないなら公式サイトが一番楽かもね。

そろそろ学生割引について知りたいな〜
そうだね。じゃあ次は学割について説明するね。

学割は最強の割引

アドビクリエイティブクラウドには学割がある。学生・教職員のみに適用される買い方で、一般価格の半額くらいの値段で購入することが可能だ。※フォトプランの値段は一般と変わらない

以下にアドビ公式サイトで購入する場合の料金をまとめてみた

コンプリートプラン 単体プラン フォトプラン
1年契約/月々払い 1,980円/月※初年度価格 980円/月 980円/月(ストレージ20GB)
1年契約/一括払い 23,760円/年※初年度価格 11,760円/年 11,760円/年(ストレージ20GB)

※コンプリートプランの価格は初年度の価格である。学割を2年目以降継続する場合(更新時学生である証明が必要)は1年契約/月々払いの料金が2,980円/月、1年契約/一括払いの料金が35,760円/年に変更になる。また、学割は1ヶ月契約を選ぶことはできない。

学割は、Amazonでも購入することができる。ただし、Amazonで購入する場合は初年度価格は適用されない。その代わり36ヶ月(3年)までまとめて買うことができるので、買い方によっては学割を長い期間利用できる。

注意
契約は、自動更新され、更新時期が近づくと、学生であることの確認連絡がくる。2年目以降継続利用する場合は、学生であることを再度証明する必要がある。これをスルーしてしまうと、自動的に一般プランに変更になり、学割初年度価格から比べると3倍近くの料金になってしまうので、スルーは厳禁だ。また、学割は学生なら誰でも買えると思われがちだが13歳以上という条件があるので、例えば小学生だと買うことができないので注意しよう。

初年度だと3分の1程度の値段で買えるのは魅力的だね。やっぱり学割最高だ〜。でも更新時期は気をつけないとだね
公式サイトとAmazonを駆使することで、学割期間をより長くすることができるよ。少しでもお得に買いたいならチェックしてみて

学割を最大限利用する方法

アドビ公式サイトだと12ヶ月のプランしかないが、Amazonでは36ヶ月版というものを買うことができる。これを組み合わせると長い期間お得が継続できる。

方法は、まず最初の1年はアドビのキャンペーン価格のほうが安いので公式サイトで購入し、卒業の年まではそのまま学割を継続する。そして、卒業前の学割最後の継続は自動継続せずにAmazonの特徴を活かして36ヶ月版を購入して更新する。

これが一番恩恵を受けられる買い方だ。さらに、Amazonのセールを利用するともっとお得に買うことができる。

更新時期は、契約終了間近でなくても構わない。契約終了まで期間が残っていても、その期間は無駄にはならず、契約完了日から36ヶ月が適用されるので安心だ。

ただし、この買い方にも欠点がある。それは、まとまったお金が必要なことだ。1年分でも高いのに3年分をまとめて買わなければならないはネックである。

 

一般の人でも学割を利用する方法がある!?

学生は安く買えていいなー。
まあそう言わないで。学生じゃなくても学割で買える方法があるからさ。

えー、なんか犯罪のニオイが・・・
いやいや、大丈夫。アドビも認めている方法だよ。考え方を変えてみて。学生じゃないなら学生になればいいじゃんという発想さ。

え、そんな裏技があるの⁉︎でもいくらソフトを学割で買えると言っても、学生になるのにお金がかかるんでしょ?結局高くなるんじゃない?
いいところに気がつくね。うん、たしかに学生になるからには講座を受講することになるよ。でも通信講座なら時間を気にすることもなく必要な講座のみ受ければいいし、価格も抑えられるんだ。たとえばこんなところがあるよ。

 

ヒューマンアカデミーたのまな通信講座

講座+アドビの1年プランで36,389円(税抜)〜
一般の1年プランで65,760円/年(税別)だから講座がついてもなお、かなりお得に購入できる。

※ただしこの値段はキャンペーン価格である。キャンペーンは頻繁に開催しているが、開催していないタイミングだとお得感がないので注意しよう。

社会人でこれからアドビのソフトを学びたいのであれば、これほどぴったりの買い方はないのではないか。

ちなみにこの講座、一番リーズナブルなものだと受講期限が1ヶ月でその間いつでも動画で受講できるというものだ。ここでひとつ、不安に思う人もいるだろう。1ヶ月で講座が終わってしまったなら、アドビは解約しないければならないのか?と。

答えは解約しなくて大丈夫。購入時に学生であれば、そのあとすぐに卒業したとしても契約満了までは問題なく使える。

学割プランだからといって、商用に利用できないという制限もないので思う存分使うことができる。

これはすごいね!学生じゃないなら絶対選択肢にいれるべきだね。

まとめ

買い方は主に3種類にわけられる

  1. 公式サイトから
  2. Amazonなど量販店から
  3. 通信講座とセットで

まず学生であれば公式サイトAmazonがお得だ。どちらも時期によってセールやキャンペーンをやっているので狙ってみるのもいいだろう。購入の際は学割を選ぶ事をお忘れなく。

次は学生以外。
ソフトも欲しいし学びたいというのであれば通信講座とセットの「たのまな」がおすすめだ。なんといっても講座がついてソフトだけ買うより安いのだから。ソフトだけ安く買いたいという人も、選択肢としてありだと思う。

最後に購入手続きが面倒くさいのは嫌だ。とにかく楽な買い方がいいという人は公式サイトがいいだろう。公式サイト以外だとカードを購入し、ダウンロードする際にコードを入力するという手間がかかる。直接買えてサポートしっかりしている公式サイトが一番わかりやすいだろう。

僕は学生だから学割版を買うよ。Amazonで36ヶ月版を買うのもよさそうだけど、まとまったお金がないから公式の1年契約月払いプランでいいかな。

僕は社会人だから、安く買える「たのまな」が気になるな。せっかくだから学びなおしてみるのもよさそうだしね。
迷って決められないなら公式を選べば間違いないし、キャンペーンを狙ったり、講座とセットのお得な買い方もいいよね。決して安い買い物じゃないから自分に合った買い方をさがしてみて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください