AdobeCCのおすすめの買い方が見つかりました!

AdobeCCの値上げは2024年3月5日!なぜ?いくらに?対策は?

当ページのリンクには広告が含まれています。

アドビ公式より、2024年3月5日からAdobe CCの一部のプランを値上げするとの発表がありました。

これからAdobe CCを購入する予定の人や僕みたいに継続して使っていきたい人には、どのくらい値段が上がるのか、なぜ値上げするのか気になりますよね。

デザイン見習くん

気になる〜

この記事では、Adobe CC(アドビクリエイティブクラウド)の値上げ対象となるプランや値上げの理由、値上げに対する対策などを紹介します。

目次

値上げの対象となるプラン

値上げの対象となるプランは以下の通りです。

値上げ対象プラン
  • Creative Cloud 個人版 および 学生教職員版 コンプリートプラン
  • Creative Cloud 個人版 単体プラン 
  • Creative Cloud フォトプラン(20GB / 1TB)
  • Lightroom 1TBプラン
  • Adobe Express 
  • Adobe InCopy
  • Adobe Substance 3D Collection / テクスチャリング

スマホやタブレットではなく、PCでAdobeアプリを使いたい(使っている)人はほぼ対象と考えていいでしょう。おそらく上の3つのどれかのプランを選んでいるんじゃないかと思います。

値上げはどれくらい?

気になる新料金と値上げ幅です。ごちゃついて見にくくなるのでメインどころのみ表にまとめました。
その他の料金はAdobe公式サイトで確認できます。

AdobeCC個人向けプランの料金表

メインどころのコンプリートプラン、単体プラン、フォトプラン、Lightroomの料金表です。

個人版はおよそ20%の値上げです!

コンプリートプランと単体プランの年間契約を選ぶ人がほとんどですので黄色いマーカーを引いてみました。

デザイン見習くん

けっこう高くなっちゃうね!

AdobeCCアカデミック版の料金表

アカデミック版(学生・教職者対象)の料金表はこちらです。アカデミック版はいわゆる学割版なので、主に学生しか購入ができない反面、料金が個人向けプランよりかなり安くなっています。

単体プランはなくコンプリートプランのみで、機能制限はなく、商用利用もOKです。

表に2つ料金があるのは、公式サイトで購入した場合、契約初年度と2年目以降で料金が変わるからです。※初年度料金は、はじめて契約する場合のみ適用されます。

アカデミック版はおよそ10%の値上げです!
デザイン見習くん

アカデミック版は値上げ幅も優遇されてるね

値上げの理由は

Adobe公式サイトによると、

私たちは、Creative Cloudに継続的に価値を追加していくことをお約束します。 最近メンバーシップに追加された内容は以下のとおりです。

  • 生成AIの力を使って、誰もが特別なコンテンツを作成できるウェブアプリ、Adobe Firefly
  • Photoshopの生成塗りつぶしやIllustratorの生成再配色など、Adobe Fireflyの機能をCreative Cloudアプリケーションに搭載
  • PhotoshopやIllustratorで作成したアセットを使用しながら、ソーシャル投稿、ビデオ、PDFの作成を加速するオールインワンアプリ、Adobe Express
  • PhotoshopとIllustratorでは「レビュー用に共有」、Premiere ProとAfter Effectsでは「Creative Cloud向けFrame.io」
  • Premiere Proの「文字起こしベースの編集」、Lightroomの「ノイズ除去」、Photoshopの「削除ツール」など、その他多数の機能
Adobe公式サイトより

とあります。

要するにAI機能を主とした新しい機能を追加したことによる値上げということです。その他にも為替レートの変動に対応するための調整も含まれているようです。

値上げは嬉しくないですが、個人的にAIには期待しちゃいますね。

値上げの対策

値上げは2024年3月5日以降、もしくは次の契約更新日に適用されます。値上げ前に契約または更新すれば、次の更新日まで現在の料金で利用できます。

当たり前ですが一番の対策は値上げが予告されている2024年3月5日より前に契約することです。

余裕を持って3月3日くらいまでに契約しておくと安心かもしれません。

年間プランで契約をすれば契約日から1年間は値上げの影響を受けません。例えば3月4日、値上げ前の料金で年間プラン月額払いで契約していれば、翌月の4月4日に支払う分も値上げ前の料金になります。

また、仕事上AdobeCCを契約せざるを得ないデザイナーの僕だからこそ頑張って調べた、AdobeCCを最も安く買う方法を下の記事にまとめていますので、購入予定であれば読んでみて損はないと思います!

これを機に安価なツールに乗り換えるという手もあるにはありますが、プロとして使うのであれば変えるべきではないと僕は思います。

値上げ前に買っても結局次回更新時は値上げ後の価格になってしまいますので、なるべくいろんなアプリや機能を使うことで元をとりましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デザイナー歴16年の会社員デザイナー。Mac好き、イラレ好き、フォトショまあまあ。漫画や映画をデザインの糧にしてます。このブログではデザインに関することを中心に発信しています。インスタで毎日ロゴをアップしてます。Twitterはサボリ気味。。。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次