AdobeCCのおすすめの買い方が見つかりました!

【Adobe CC】手間が掛かってもとにかく安く契約したいならこの買い方が最適

当ページのリンクには広告が含まれています。
デザイン見習くん

Adobe CCって1年間使うのに72,336(税込)もするの!?
普通に高いんだけど・・・

Adobe CCの全てのソフトが使えるコンプリートプラン。
プロ仕様で高性能だからといっても、この値段は高いですよね。

ただし、これはあくまで通常価格。実は、セールを利用するなど、安くする方法はあります。
その中で僕のイチオシの買い方は、

スクールパートナーという制度でアドビが認定したスクールから買う方法 です!

オンラインで誰でも買えて価格は1年間で39,980(税込)※スクールによって変動あり
しかもこれ、オンライン講座が付いてくるんです!

公式サイトから買うよりひと手間かかってしまいますが、その恩恵はかなりのもの。
なぜ安いのか? どうやって買うのか?
この記事で詳しく説明しますので、長めの記事ですが、気になるところだけでも読んでみてください。

目次

Adobe CCの主な購入(契約)方法と安く買うコツ

Adobe CCは契約期間のみ利用できるサブスクリプション形式ですが、購入方法は公式サイトからだけでなく、他にも選択肢があります。主な購入方法は以下です。それぞれ価格や安く買うコツも紹介します。

アドビ公式サイトから購入する

こちらが一番王道な買い方です。

デザイン見習くん

むしろ公式サイト以外の選択肢があることを知らなかったよ

アドビ公式サイトから購入画面に行き、プランを選択。
指示された通りに進んでいけば購入できる、一番シンプルな購入方法です。

アドビ公式サイト以外から購入した場合も、ソフトのダウンロードや契約(利用できる)期間の管理はアドビのサイトで行うので、そのあたりの登録作業が必要になります。アドビ公式サイトから買うと、購入から使用開始まで行ったり来たりがないのでシンプルに済ませられます。

とっぽ

公式サイトは、分割払い(1年更新の契約で支払いは12回に割った月ごとの支払い)ができるのも大きな特徴だよ

公式サイトの販売価格は

アドビ公式サイトで購入した場合の通常価格は、1年契約一括払いで 72,336(税込)です。

Adobe CCはどこで買っても1年契約が基本になります。

公式サイトで購入した場合も基本は1年契約ですが、支払いが一括と分割(月々払い)で選べます※分割払いは公式サイトからの購入のみ選択可

とっぽ

アドビ公式サイトは分割払い推し。
7万円を一気に払うのは抵抗あるもんね

その他に、これまた公式サイトだけ特別に、1ヶ月契約のプランもあります。ただし、かなり割高な料金設定で、7ヶ月使い続けるとほぼ1年契約分の料金がかかってしまいますので、使う期間が半年以内で確定している場合でもない限りはおすすめしません。

公式サイトで安く買うコツは

アドビ公式サイトで安く買うコツは、セールを利用することです。
公式サイトでは、不定期でセールを行っています。セール時の価格はその時によって変動するのであくまで参考価格ですが、過去のセール時の価格は1年契約一括払いで 47,520(税込)でした。

約25,000円(34%)ほどの割引、なかなかですよね。

デザイン見習くん

通常価格の4ヶ月分くらい割り引かれるってことでしょ。凄~

注意点

セールで買った場合でも、割引価格は最初の1年間の料金だけです。自動更新等でそのまま継続利用した場合、2年目以降は通常価格が適用されます。自動更新を設定しておくと、更新し忘れることがなく、急に使えなくなるのは避けられますが、セールで買った場合は引き落とし額が一気に跳ね上がるので注意が必要です。

とっぽ

2年目以降を安く済ませたいなら、自動更新せず、翌年以降は公式サイト以外から購入するのも手だね

Amazonから購入する

Amazonは、アドビ公式サイトの次に選ばれている購入方法です。

デザイン見習くん

サブスクなのにAmazonで買えるの?どうやって?

Amazonで買うというと、DVDに焼かれたソフト?とイメージするかもしれませんが、実際は利用するためのコード(24桁の英数字)を買います。

このコードをアドビ公式サイトで入力することにより、入力した日から1年間利用することが可能になるという仕組みです。

とっぽ

利用期間をチャージするみたいなイメージかな

購入方法は、AmazonでAdobeCCを検索、カートに入れて購入する流れです。Amazonで買い物をしたことがあるなら同じ要領です。

決済後、オンライン版なら注文履歴から引き換えコードと打ち込むサイトのURLが確認できるので、コードを打ち込むことでソフトがダウンロードできるようになります。打ち込むサイトはアドビのサイトです。利用資格や利用できる期間の管理が必要なので、Adobe IDが必要になります。持っていない場合は新規作成します。

Amazonには、オンライン版の他に、パッケージコード版というのもあります。これを購入すると、引き換えコードが書かれたカードが自宅に送られくるのでそのコードをサイトに打ち込む仕様です。コードを物理的に保管したいならこちらを購入しましょう。ただし、カードが自宅に届くまでは利用開始できないのですぐ使いたいならオンライン版を選びましょう。

とっぽ

使い勝手がいいのはオンライン版かな

Amazonの販売価格は

Amazonで購入した場合の通常価格は、1年契約一括払いで 65,097(税込)です。
Amazonは公式サイトのような月払いはできませんが、2年分、3年分をまとめて購入することができます。

デザイン見習くん

公式サイトの通常価格よりちょっと安いね

Amazonで安く買うコツは

Amazonで安く買うコツは、こちらもセールを利用することです。
アドビ公式サイト同様、セール時期は不定期ですが、プライムデー(7月開催が多い)やブラックフライデー(11月末)には毎回登場しています。時期が読みやすいセールなのですぐ使いたいのでなければ狙ってみるのもいいでしょう。

セール時の価格は、こちらも参考価格ですが、過去のセールでは利用期間1年で 42,500(税込)でした。

デザイン見習くん

セール価格も公式サイトより少し安いんだね

注意点

Amazonで購入したAdobe CCは、上で説明したとおり、使える期間を買うイメージです。なのでコード入力してから1年後に使えなくなります。

継続して使いたい場合は、再度購入してコードを入力するか、アドビ公式サイトにクレジットカードを登録して自動更新設定をする必要があります。自動更新は通常価格になるので設定せず、期限が切れる前に再度購入し利用期間をチャージするほうがおすすめです。

引き換えコードは、残り期限の有無に限らず入力できます。そして期限が上書きされて損することはありません。
例えば残り期間が1ヶ月の時点で12ヶ月分のコードを入力すると、残り期間プラス12ヶ月となり、入力後13ヶ月利用できることになります。

Amazonで買える24ヶ月版、36ヶ月版というのは実は12ヶ月版のコード×2、×3のことです。

特定のスクール(スクールパートナー認定校)から購入する

こちらは知る人ぞ知る購入方法。アドビスクールパートナーというアドビが公式で行っている制度で、アドビ独自の基準を満たすスクールだけに許された販売方法です。

対象のスクールから買うことができます。

デザイン見習くん

スクールに通わなくちゃいけないってこと?

いえ、スクールのWEBサイトからオンラインで誰でも購入できます。
この買い方の一番の特徴は、Adobe CCのアカデミック版が買えることです。

とっぽ

アカデミック版とはいわゆる学割版のこと。学生が羨ましいと思えるくらい安いんだよ。

一般の(購入対象者じゃない)人がアカデミック版を買うことができる、おそらく唯一の方法です。

そのかわりAdobe CC単独ではなくオンライン講座とセット販売になりますが、オンライン講座がおまけに思えるくらいの値段設定になっています。

こちらもアマゾン同様、利用コードを公式サイトで入力することでAdobe CCを1年間利用することができます。

アドビ認定校の販売価格は

アドビ認定校で購入した場合の通常価格は、スクールにより異なるので今回はそのひとつ、デジハリの価格を参考価格として紹介します。デジハリでの購入価格は1年契約一括払いで 39,980(税込)です。
そしてこれは、Adobe CCコンプリートプラン(アカデミック版)とオンライン講座のセット価格になります。

アドビ認定校で安く買うコツは

今回例にあげたデジハリは、セールが無く常にこの価格です。なのでアドビ認定校から買うこと自体がコツといっても過言ではありません。他のスクールはセールがあるスクールもありますが、セール時がデジハリの通常価格と同価格なので、現状アドビ認定校で購入する最低価格が39,980円という認識で大丈夫です。

注意点

こちらもAmazonと同じく、引き換えコードを買う購入方法で、利用期間は1年に限られます。有効期限が近くなると、更新を促す通知が来ますが、クレジットカードを登録して更新してしまうとアドビ公式サイトの通常価格が適用されてしまうのでおすすめしません。再度、アドビ認定校から購入し、コードを入力すると翌年も1年間利用できます。

どこで買うのが一番安い?

主な3つの購入方法の価格を紹介してきましたが、わかりやすく表にして比べてみましょう。

販売場所通常価格セール時価格(一例)
Adobe公式サイト72,336円47,520 円
Amazon65,097円42,500円
特定のスクール(講座付き)39,980円 ※デジハリの場合39,980円 ※デジハリの場合
※すべて1年契約、12ヶ月分一括払いの価格 ※セール価格は参考価格(セールによって変動あり)

表で比べるとわかりやすいですね。公式サイトよりAmazonのほうが通常時、セール時ともに安くなっていますが、やはり断トツなのは「特定のスクール(スクールパートナー認定校)で購入する」方法です。
認定スクールの1つ、デジハリで購入の場合は常時最安価格なので、セールを待つ必要がないのもいいですよね。

デザイン見習くん

え、これオンライン講座もセットなんだよね。すごくない!?

とっぽ

実はこれ、オンライン講座がセットなのにじゃなくて、オンライン講座とセットだから安いんだよ。なぞなぞみたいだよね。

アドビ認定校(スクールパートナー)って何?

オンライン講座とセットだから安い

なぜAdobe CC単体より、講座とセットのほうが安くなる?
そんな疑問に答えるために、アドビスクールパートナーについて解説します。

アドビスクールパートナーってどんな制度?

画像/アドビ公式サイトより

アドビスクールパートナーは、アドビが行っているスクールに向けたプログラム(制度)です。
公式サイトには、

アドビ スクールパートナープログラムとは、製品の使い方を最初から学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。

Adobe公式サイトより

と、書かれています。簡単に言うと、

Adobeが設定した基準をクリアしたスクールは、パートナーとして認められ、ランクに応じた特典が得られる

というスクール向けの制度です。

アドビスクールパートナー認定校はなぜ安く販売できる?

このスクールパートナーというのはスクール向けの制度なので、一見僕たちには関係なさそうですが、最高ランクであるプラチナスクールパートナーの特典のひとつ、

Adobe CCアカデミックパッケージとオンライン講座をセットにして販売できる

が、僕たちAdobe製品を買いたい人に関わってきます。

アカデミックパッケージというのはいわゆる学割版ですので、通常、学生(もしくは教育関係者)以外の人は購入できません。

その分、価格がだいぶ安価に設定されています。
通常版のセール価格と比べても、アカデミックパッケージより安くなることは、僕の記憶ではないです。

AdobeCC 価格AdobeCC アカデミック版 価格
1年契約一括払い 72,336(税込)1年契約一括払い 39,336(税込)
※アドビ公式サイト通常価格
とっぽ

Adobe CCアカデミック版は、安価だからといって機能制限は一切なく、通常版と同じように使えて商用利用も認められているよ

デザイン見習くん

え、でも学割なのに一般の人に販売できるっておかしくない?
学割なんでしょ???

はい、それが オンライン講座とセットだから安いに繋がってきます。
多少強引な感じはしますが、

オンライン講座とAdobeCCをセット販売⇒オンライン講座を受講する生徒にAdobeCCを販売

だからOKということなのでしょう。プラチナスクールパートナーという高い基準をクリアした恩恵ですね。

ちなみにこのセットの講座はアドビが用意したものではなく、認定スクールそれぞれが独自で作っています。なので価格自体もスクールが決められると思うのですが、いくら初心者向けの講座とはいえアカデミック版の通常価格に少し乗せた位の価格に抑えてくれているのは嬉しいですね。
※セットの講座は、どの講座も初心者向けの内容になっています。

とっぽ

このアドビスクールパートナーという制度に、利用者を増やしたいというアドビの意図が見えるので、それを踏まえた価格設定なのかもしれないね

ま、とにかく安いというのは嬉しいことです!

どうやって買うの?

購入方法はそれぞれのスクールのWEBサイトからオンラインで購入できます。例として、デジハリでの購入方法の流れを簡単に紹介します。

上の「利用開始までの流れ」は、デジハリオンラインのWEBサイトのものです。このような流れで購入から利用開始まで進めていきます。

もう少しわかりやすいように、実際の申し込み画面のキャプチャとともに流れをみてみましょう。下のボタンからデジハリオンラインのWEBサイトに飛んでいただき、見比べてもらうとわかりやすいと思います。

STEP
デジハリオンライン公式サイトにアクセス
STEP
一番下までスクロールすると、申込み画面が出てきます

チェックボックスにチェックを入れると申し込みボタンが押せるようになるので押します。

STEP
Adobeマスター講座(AdobeCC付き講座)がカートに入ります

ネットショピングと同じで講座がカートに入ります。デジハリでは、「Adobeマスター講座」という講座がAdobeCC付きの講座になりますので、間違いないか確認し次に進みます。

STEP
必要事項(お客様情報)を入力します

個人情報なので慎重に入力します。支払い方法も選択してください。

STEP
支払い情報を入力します

STEP4で選んだ支払い方法の詳細を記入を「次へ」を押します。最終的に入力した情報に間違いないかを確認し、完了ボタンを押すと、申し込みが完了します。

STEP
AdobeCC引き換えコードを入力し、AdobeCCのソフトをダウンロード

料金の支払いが完了すると、デジハリからAdobeCC引き換えコードと、コードを入力するAdobeサイトのURLが送られてきます。AdobeIDを持っていなければ新たに作成し、送られてきた引き換えコードを入力するとAdobeCCのソフトがダウンロードできるようになります。

STEP
講座はデジハリのサイトから、登録したメルアドとパスワードでアクセスできます

講座はデジハリサイトの学習システムで受講できます。申し込み時に入力したメールアドレスとパスワードでアクセルできます。

講座を受けずにソフトだけ使うのはあり?

デザイン見習くん

セットの講座って、必ず受けなくちゃいけないの?

講座とセットだから購入できるアカデミック版となると、講座の受講は必須な印象があるかもしれませんが、講座の受講は強制ではなく任意です。

もうすでにAdobeのソフトを使ったことがあるなら、今さら基本操作を学ぶ必要はありませんよね。まだ使ったことがないけど気になるソフトの講座だけ受講してみるのも、講座は全く受けずソフトだけ利用するでもOKです。

オンラインで買えるスクールパートナープラチナ認定校はこの3校

最後に、このアドビスクールパートナー認定を受けてオンライン販売をしているスクールを3校紹介します。
といっても3校に厳選したわけではなく、この3校がすべてなんです。

デザイン見習くん

え、認定校ってそんなに少ないの??

アドビスクールパートナー認定校は、現在28校(アドビ公式サイトで紹介されているスクールの合計)
その中で、オンライン講座とAdobeCCのセット販売が認められている最上級のプラチナスクールパートナーに認定されているのは6校だけです。

  • パソコンスクールISA
  • アドバンスクール
  • デジタルハリウッド
  • ヒューマンアカデミー
  • バンタングループ
  • Winスクール

さらにこの中で、現在オンライン販売を行っているのが以下の3校になります。

デジハリONLINE

デジハリONLINEは、デザイン・映像・プログラミングなどのデジタルコンテンツを学べるオンラインスクールです。各ジャンルのプロを目指すための様々な講座がありますが、今回紹介するスクールパートナーの講座は「アドビマスター講座」という講座です。

ヒューマンアカデミーたのまな

ヒューマンアカデミーたのまなは、語学や美容、医療事務などさまざまな種類の講座があるスクールです。もちろんWEBデザインや動画編集の講座もあります。今回紹介するスクールパートナーの講座は「Adobeベーシック講座」という講座です。

アドバンスクールオンライン

アドバンスクールオンラインは、九州中国地方の家電量販店ベスト電気内で運営しているパソコンスクールの通信講座です。通信講座は、Adobeの講座が中心になっています。今回紹介するスクールパートナーのAdobe CCセット講座は「WEB/DTPエキスパートコース」という講座です。※エキスパートとありますが、内容は初心者向けです

3つのスクール。主な違いは講座内容にあります。

講座のレベルはどこも初心者向けで統一されていますが、講座内容はそれぞれのスクールにまかされていますので、3つとも特徴が出ています。なのでこのスクールが万人におすすめとは言えません。好みで選んでください。

デザイン見習くん

3つの選択肢って、絶妙に悩む数だよね〜

それぞれの公式サイトで比較するのもいいですが、デザイナー目線で3つのスクールの講座を比較した記事もありますので、迷ったら読んでみてください。

ちなみにココだけの話。ソフトだけ使えればいいやというなら、どのスクールを選んでもあまり変わりません。。。

2年目以降の更新方法は?

スクールパートナー認定校から購入する場合、Adobe CCの使用期間は通常1年(12ヶ月)です。

Adobeのウェブサイトで引き換えコードを入力する際、クレジットカードを登録して、自動更新設定をしていなければ利用開始してからちょうど一年後に有効期限が切れます。※例えば1月10日に利用開始すると、翌年の1月9日まで利用可能です。

翌年も使いたい場合は、再度スクールパートナー認定校から購入し、引き換えコードを入力すると引き続きもう1年間利用できます。

新しいコードを入力するタイミングに決まりは特にありません。有効期限が残っている時でも、切れてからでも大丈夫です。

有効期限が残っている時に新しいコードを入力した場合は、コード入力時点より1年ではなく、前のコードの有効期限が切れてから1年後まで使用できるようになります。有効期限を1年分チャージするようなイメージですね。

デザイン見習くん

1日も無駄にならないのは良心的だね!

認定校より購入した引き換えコードをアドビの公式サイトで入力した際、クレジットカードを登録し、利用期間の自動更新を設定した場合は、コードの有効期限が切れたタイミングで通常価格で自動的に更新(クレジットカード払い)されてしまいます。2年目以降も安価で利用したいなら自動更新は設定しないほうがいいです。すでに設定してしまって解除したい場合は、アドビに問い合わせてみてください。

今使っているAdobe CCから乗り換えはできる?

こちらも、2年目以降の対応と同じ要領です。認定校から購入した引き換えコードをAdobeのサイトで入力することで今使っているAdobe CCの期限が切れた段階で切り替わります。

自動更新設定をしている場合は、さらにその翌年の更新に影響しますので、解除しておくと安心できます。

こんな人には全力でおすすめできない

単独で買うより講座とセットのほうが安いのだから、ソフトを使いたいだけの人にも、基礎を学びたい初心者にも、幅広くおすすめできる買い方ではありますが、それでもおすすめできない人がいるので紹介します。

スクールパートナー認定校からの購入をおすすめしない人
  1. 1つのソフトだけしか必要ない人
    アカデミック版のコンプリートプランがいくら安いとはいえ、ソフト1本だけの価格には敵いません。わざわざ使う必要のないソフトを契約して支払う価格を上げる必要はありません。
  2. アカデミック版の購入対象者かつまだ一度も購入したことがない人
    今現在アカデミック版の購入対象者(学生等)なら、普通にアカデミック版を購入したほうが安いです。特にはじめて購入する人は、公式サイトで初年度のみ、さらに割り引き価格で買えたりします。一度しか使えない割引なので、対象ならばぜひ利用しましょう。
  3. 値段が上がってもいいからとにかく簡単にすませたい人
    公式サイトで購入し、契約の自動更新をするのが一番手間がかからない方法です。ただし、自動更新は定価になってしまいますので、僕個人としては一番おすすめできない買い方です。

まとめ

とにかくAdobe CCを安く買いたいなら、スクールパートナー認定校からの購入をおすすめします。理由は明確とにかく安い、これに尽きます。

講座がセットになりますが、受講は任意、必要なければソフトだけ使うのもありです。

翌年も継続して使いたいとしても、自動継続は通常価格なってしまうのでおすすめしません。翌年以降も認定校から購入すれば、手間はかかりますが安価で使い続けられます。この買い方が今のところ僕は一番おすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

デザイナー歴16年の会社員デザイナー。Mac好き、イラレ好き、フォトショまあまあ。漫画や映画をデザインの糧にしてます。このブログではデザインに関することを中心に発信しています。インスタで毎日ロゴをアップしてます。Twitterはサボリ気味。。。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次