アドビソフトの買い方をわかりやすくまとめてみました

イラレ・フォトショの代替えソフトを仕事で使ってはいけない理由

アドビのソフトって高いよね。フリーか安価で代用できるソフトってないのかな〜?

チラシやポスター、バナーやロゴなど、デザインをするには専用のソフトが必です。有名なのはアドビのIllustratorとPhotoshopですが、フリーや安価の代用ソフトも存在します。

例えば、Illustratorの代用ソフトは「Inkscape」、Photoshopの代用ソフトは「GIMP」が有名です。

似たようなものが作れるなら、安価な代用ソフトでいいんじゃないと思う人もいるでしょう。

ですが、表題のとおり僕は代わりのソフトは推奨しません。

え、なんで?

この記事では、そう思う人に向けて、プロとして仕事で使うならという観点でお答えします。ちゃんと理由もあるので気になったら読んでみてください。

なぜアドビじゃないといけないのか

最初に断っておきますが、InkscapeやGIMPを否定しているわけでは決してありません。

仕事ではなく、個人的にデザインするためであれば全く問題ないです。なにせこの2つのソフトは無料で使えるソフトですから。

今のフリーソフトは無料なのに高性能なものが多くてありがたいですよね。

例えば自分の年賀状だったり、ブログのバナーだったり、自分ひとりだけで完結するものに使うのであれば、わざわざ高いお金を払ってアドビのソフトを使う必要ないというのも納得できます。

ただし、プロの仕事として請け負って、印刷会社や出版会社に納品する場合はおすすめしません。むしろ使わないでください!!

え〜、本家より機能が低くても慣れれば同じようなものが作れるんじゃない?だったら使ってもよくない?

たしかに機能が劣るソフトだとしても、使いこなせればいいものを作れるというのはわかります。

作る過程がどうであれ、最終的に作ったものがいいものかどうかが重要ですからね。

ここで問題なのは、作ったデザインではなくデータです。

請け負った仕事としてのデザインであれば、最終的にデータを印刷会社や出版会社に納品する必要があります。

納品するデータ形式は、納品先によって対応している形式が違ってきます。

印刷会社の場合は、対応する形式が多い傾向にありますが、新聞や雑誌に掲載する広告だとピンポイントで指定されることもあります。

その形式はIllustratorの形式である「ai」「eps」、Photoshopの形式である「psd」くらいじゃないでしょうか。

特にIllustratorの「ai」「eps」であれば対応してないということはまずありません。印刷物のデザインであれば、間違いないデータ形式です。

さらに言うと、同じ「ai」というデータであっても、保存するバージョンというものがあります。

Illustratorはバージョンアップするたびに当たり前ですが機能が増えています。

そのため、バージョンによって互換性があったりなかったりします。

※基本的に古いバージョンのソフトで新しいバージョンのデータを編集することはできません。

本家のアドビのソフトでもこれだけ複雑なデータ形式になっているというのがポイントです。

本家でこれだけ互換性があやしいと、代用ソフトだともっとあやしくなってしまいます。

自分のためのデザインであれば、何か問題があったとしても自分が我慢すればいいことなのでさほど問題ではありませんが、人から請け負ったものとなるとそうはいきません。

責任問題になってしまう可能性があります。

仕事で請け負うということはそういうことです。

リスクはなるべく減らすに越したことはありませんので僕は代用ソフトを推奨しないのです。

これから学ぶ場合はまず代替ソフトでもOK?

今はあまりお金がないから最初は代替ソフトで、慣れたらアドビにするのはどうかな〜?

この考えも、割とありがちではないかと思います。

お金がないなら仕方がないと言いたいところではありますが、それでも僕はアドビのソフトを推します。

理由は、まず代替ソフトを学ぶ時間が無駄だからです。

代替えソフトといえどやはり操作性は変わります。ソフトに慣れてから移行するのであれば、逆に慣れれば慣れるほど操作の違いに戸惑います。

今までできたことができなくなる感覚はストレスになってしまいます。

どうせ学ぶのであれば、最初から本命のソフトを学ぶのがやはり一番です。

次に、お金がないからこそお金をかけて使うことが学びにはプラスになります。

学ぶということは意外とエネルギーが必要です。

学ぶことが楽しくて仕方ないというなら話は別ですが、学ばなくてはいけないと思うとちょっとおっくうになりませんか?

そこで少し学びから離れてしまうと、再び学びに戻るのにエネルギーが必要になるのです。

特にお金に余裕があるときは、購入するハードルが下がる分学びが辛いとはなれてしまいがちです。

その点お金に余裕がなければ購入するハードルがぐんと高くなります。

その場合、たとえ学びが辛かったとしても、無理して購入したという気持ちが働いて挫折率が低くなります。

結果、継続して学べるということです。

就職にももちろん有利

広告会社やデザイン事務所のグラフィックデザイナーの募集要項をみると、IllustratorとPhotoshopを使えることが条件というのが普通です。

なのでプロとしてグラフィックデザインの仕事をするこためにこれから勉強をするというのであればアドビのソフトを身に着けたほうが絶対にいいです。

今もし学生なのであれば学割で買えるのですごくお得です。

また、社会人だったとしてもお得に買う方法はあります。

こちらの記事でお得な買い方について紹介していますので、学生の人も社会人の人もぜひみてみてください。

【学生も社会人も】アドビってぶっちゃけいくらでどうやって買うの?

まとめ

結論として、アドビじゃないといけない理由はファイル形式と互換性です。

代替えソフトも自分で完結するものに使う分には問題ありませんが、人が絡むものに関しては安心できるソフトを使いましょう。

結局デザインをするならアドビを身に着けて損することはないですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください