ココナラでロゴ制作はじめました 今ならコミコミ7,000円【Click!!】

プロはイラレとフォトショじゃないと駄目?安価なソフトで代用可?

グラフィックデザイナーになりたいなら、デザインをするためのソフトを使えなければなりません。有名なソフトはアドビのIllustratorとPhotoshopですが、フリーや安価の代用ソフトも存在します。

 

似たようなものが作れるなら、安価な代用ソフトでいいんじゃないと思う方もいるでしょう。

 

この記事では、そう思う方に向けて、プロとして使うならという観点でお答えします。ちゃんと理由もあるので読んでみてください。

でもプロとしてではなく、個人的にデザインするためであれば全く問題ないです。今はフリーソフトでも高品質のものが多々あります。自分で作って家のプリンターで出力する場合や、ブログのバナーなど、身の回りの環境だけで完結するのであれば、高価なソフトを使わなくても事足りてしまいます。ただし、プロの仕事として請け負って、印刷会社や広告代理店に納品する場合は推奨しません。というか使わないでください!!

 

え?なんで?同じようなことができれば問題ないでしょ?作る過程じゃなくて、作ったものをみてよ!と、思う人いますかね〜。

 

確かにいいものを作れるのはいいことですよ。作る過程もどんな作り方したってかまいません。やりやすい作り方があるでしょう。

 

問題なのは作ったデザインではなくてデータです。

 

プロとして仕事をしたのであれば、最終的にデータを印刷会社や広告媒体の会社に納品する必要があります。納品するデータ形式は、納品先によって対応している形式が違ってきます。印刷会社の場合は、対応する形式が多い傾向にありますが、新聞や雑誌に掲載する広告だとかなり限られてしまいます。その形式はIllustratorの形式である「ai」「eps」、Photoshopの形式である「psd」くらいじゃないでしょうか。

 

特にIllustratorの「ai」「eps」であれば対応してないということはまずありません。印刷物のデザインであれば、間違いないデータ形式です。

広告会社やデザイン事務所のグラフィックデザイナーの募集要項をみると、IllustratorとPhotoshopを使えることが条件というのが普通です。昔から使われているソフトというのもありますが、上記データ形式を扱えれるソフトだからです。機能も充実していて覚えれば使いやすいですしね。

 

なのでプロとしてグラフィックデザインの仕事をする、これから勉強をする、というのであればAdobe Illustratorを使えるようになってください。あとできればPhotoshopも。Photoshopは画像を加工するソフトです。Illustratorは画像を加工することができないので、写真の色味を変えたり、切り抜いたりといった作業はPhotoshopを使うことになります。合わせて習得しておくとなにかと便利です。

 

どちらも非常に有名なソフトです。ネームバリューがあるのでもしデザイナー志望でなくとも習得しておけば自慢できますよ。本やスクールも充実しているので学びやすいソフトです。強い志があるなら本やネットで独学を。独学では不安というならスクールを選んでみてください。

 

まずはソフトを手に入れよう

IllustratorやPhotoshopといったアドビのソフトですが、以前は買い切りのパッケージ型でした。一度買えばずっと使える利点はありますが、非常に高価で、バージョンが変わる毎に買い直さければならず、素人にはとても手が出せないものでした。

 

しかし、今はクラウド型に変わり、値段も手頃で常に最新バージョンが使えるものに。使っている間はずっと料金を支払う必要がありますが。素人や学生でも手が出しやすくなりました。例えるなら賃貸住宅に住むか、持ち家に住むかみたいなものですね。使わなくなったら解約すればそこで終わりなのも手軽でいいです。

 

こちらが料金表です。

単体プランですと1ソフトあたり2,180円/月Illustratorしか使わないならこれでOKです。

 

Photoshopも使いたいということであれば単体プラン×2で4,360円/月といいたいところですが、フォトプランというものがあります。これはPhotoshopとLightroomという写真加工ソフトがセットになったプランです。単体で2,180円/月のところソフト2本で980円/月なのでとてもお得なプランです。Photoshopはこちらのプランを使うのがいいでしょう。なのでIllustratorと合わせて3,160円/月で使うことができます。

 

一番右の欄にあるコンプリートプラントいうのは、Illustrator・Photoshopだけでなく、PremiereやAfterEffectsといった動画編集ソフト、DreamweaverなどWebデザインのソフトなど、15本のソフトが使えるプランです。これは15本で4,980円/月と非常にお得なプランです。動画編集などに興味があり、Illustrator・Photoshop以外も使ってみたいと思うならおすすめのプランです。

 

学生や教育員であれば、アカデミックパックというお得なプランがあります。表の下段です。こちらはフォトプランと単体プランを合わせた料金とコンプリートプランがほぼ同じ料金ですのでコンプリートプランを使ってみるといいでしょう。

 

上記料金表の値段はいずれも月額料金ですが、年間契約にすると少し割り引かれます。年間契約には一括払いと月払いが選べます。年間契約の月払いですと、同じ月払いでも月間契約より安くなりますが注意が必要です。解約するときに契約月でないと違約金が発生します。携帯電話やインターネットの何年縛りみたいなやつと同じですね。なのでお試しで使ってみるのであればまずは月間契約、絶対使うと自信がもてたら年間契約に変更するというのがいいかもしれません。

 

公式サイトであれば、時期によって割引キャンペーンをやっている時もあります。まずは公式サイトをのぞいてみてください。

アドビ公式サイトはこちら

 

そのほかにも、お得に購入できる方法があります。特に社会人の方におすすめです。よかったら読んでみてください。

【社会人におすすめ】アドビのソフトを安くお得に買って学ぶならコレ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください