絵が描けないデザイナーでもマウス代わりにペンタブを使うのはあり?

とっぽさん、いつもペンタブを使っているけど絵は描いていないよね。なんでペンタブを使っているの?
やっぱり気になる?僕はペンタブをマウスの代わりに使っているんだよ。

僕は絵が描けないデザイナーです。←決して珍しいことではないですよ。

それでも常にペンタブを使っています←マウス代わりです!

この記事では、なぜ僕がマウスからペンタブに乗り換えたのか?マウス代わりにペンタブを使うのはありなのか?についてペンタブ歴6年の僕が答えていきます。

ま、ぶっちゃけありだと思うから使い続けているわけなんですが、デメリットももちろんあります。それを含めてお伝えしますのでペンタブを使ってみようか悩んでいるならぜひ読んでみてください。

マウスじゃだめなの?

ペンタブって絵を描くために使うものじゃないの?絵を描かないならマウスでいいんじゃ・・・

まあそう思いますよね。当然の反応です。

僕も以前はそう思っていました。

もちろんマウスでもいいんです。今右手にお持ちのマウスでもぐりぐり操作できてますもんね。実際ほとんどのデザイナーはマウスを使っていますし。

でもこの記事を読んでくれてるってことは少なからずペンタブに興味を持っているっていうことですよね。

ならばもう少しお付き合いください。

僕がペンタブを使い始めたきっかけ

僕がペンタブに興味を持ったきっかけは、以前勤めていた会社の同僚がペンタブを使っていたからです。

その人は絵が描ける人だったのでイラストなんかを描いたりもしていましたが、それ以外の通常の業務でも常にペンタブを使っていました。

ペンタブって、普段のマウス操作の代わりにも使えるのかって思ったのはそんな姿を見ていたからですね。

ただ自分で買ってまで使ってみようとは思わなかったです。

ペンタブってなんだかんだで高い買い物なので、絵も描かないのに買ってまで使おうとは思わないですよね。

でもそういうときこそ出会ってしまうものなんです。

ある日会社の掃除をしていたら、倉庫の棚になにやら怪しげな箱が!(実際は怪しくなかったですが・・・)

開けてみるとペンタブらしきものを見つけてしまったのです。

↓これです。

以前辞めた人が使っていたものだそうで、その後誰も使う人がいなく眠っていたものだとのこと。

ならばと思って早速試しに使ってみることにしました。

機種は同僚のものと比べるとなんだかちょっと安っぽい感じ。調べてみるとWacomのbambooという機種だそうな。ちなみに同僚はIntuos3ってやつでした。

ペンタブはすぐに慣れるもの?

そんなこんなで試してみることにした訳ですが、実際に使ってみた感想は、

何これ、ものすごく使いにくい。マウスでいいじゃん・・・でした。

同僚のペンタブユーザーに聞いてみると、1週間マウスを使わずにペンタブだけ使ってみたらどう、とのこと。

そこまでしてペンに慣れるべきかとの葛藤の末、タダだしせっかくだからと思い、とりあえず一週間マウスを封印してみました。

僕が仕事に使う主なソフトはIllustratorPhotoshop。あとはネットを見るためのブラウザ(Google Chrome)くらいです。

あーだこーだと悪戦苦闘しながら日々は過ぎていき、一週間立った頃には・・・

慣れちゃいました!!!

人間の慣れって怖いですね。1週間経った途端に慣れたわけではなく、徐々に慣れていったのですが、マウス封印はなかなか有効な手段です。

もちろん人それぞれ使う時間が違いますので1週間が絶対的な時間ではないですが、目安としては妥当かなと思います。

ちなみに当時僕が働いていた時間は1日だいたい12時間くらいです。ブラックですね(笑)

その後、自分のペンタブが欲しくてIntuos5というプロ仕様のものを買いました。使い心地はやはりプロ仕様、正直全然違います。

僕にペンタブとの出会いを与えてくれたbambooは、後輩に譲りました。

イラレはまずまずフォトショはバッチリ

グラフィックデザインの業務では、主にIllustratorとPhotoshopを使います。

僕の感覚では、ペンタブはPhotoshopとの相性が抜群です。

Photoshopでの作業は主に写真のレタッチ。切り抜きや合成、色・明るさの補正など、画像を見栄え良くキレイにするための作業です。

レタッチの操作というのは塗り絵みたいなもの。※もちろんそれ以外もあります

塗り絵をマウスでするのとペンでするのを思い浮かべてみてください。

ペンのほうが向いてると思いませんか?相性バッチリ、納得ですよね。

一方Illustratorはというと、悪くはないんですよ、決して。

ただペン先が繊細すぎるのが逆にあだになることがありまして、カーソルがねらったところから微妙にずれてしまったりします。空中で操作する難しさってやつですかね。そこはデスクに置いて操作するマウスに利点があります。でも難点はそれくらいです。

ちなみにこういった細かい作業をマウスでひたすらやるのは手首に非常に負担がかかります。

このへんの話はこちらの記事で書いているのでよかったら読んでほしいのですが、腱鞘炎というやつで、マウスを使うデザイナーの職業病なんです。

僕もマウス派のときは夜になると手首が痛くなるのが普通のことになってしまっていましたが、ペンタブに変えてからは全く痛くなりません。

手首に不安を抱えているならぜひぜひ試してほしいと思います!いやまじで!!

ペンタブにもある不得意な操作

上げて落とす感じになってしましますが、もちろんペンタブにもデメリットはあります。マウスのほうが勝っていると思える部分ですね。

わかりやすいのがブラウザ操作です。

WEBページは縦長に伸びていることが多く、スクロールして読んでいくのが普通ですが、この操作はマウスが圧倒的に有利です。

コロコロと人差し指だけで簡単にスクロールできるマウスに対し、ペンはページを押し上げるために下から上にペンを振らなければなりません。

大した動作ではないので苦ではないですが、やはりマウスのコロコロと比べると操作性が劣るのは事実です。

そしてもうひとつはダブルクリック

さきほどIllustratorとの相性でもちょっと触れましたが、ペン先が繊細っていうのが良いことでもありデメリットにもなります。

アプリケーションを起動するときなど、ダブルクリックはよくある動作です。

マウスの場合はボタンを2回カチカチッと押しますが、ペンの場合はペン先を板にちょんちょんとします。

このちょんちょん、タイミングがずれると反応しないんです。繊細ですからね。

ただ反応しないだけならまだいいですが、悪いときはアイコンをずるっとずらしてしまうことがあるんです。なんかちょっと嫌ですよね。

この不安定さがペンタブのデメリットになります。

右手マウスに慣れた左利きにもすすめられる?

実は僕は左利きです。

鉛筆で文字を書くときは左手を使います。なのでペンタブのペンも当然左手で扱うのですが、マウスは右手で握っていました。

これ、けっこう左利きあるあるで、左利きでもマウス操作は右手っていう人けっこう多いんです。

僕が以前勤めていた職場では、左利き7人中6人が右手でマウスを握っていました。

右利き3人に対して左利き7人でしたから、今思うと左利き率が異常に高い職場だったなあと思うのですが、僕が人生で出会った左利きの人で、左手でマウスを扱っている人はそこにいた1人だけです。

それくらい左利きでもマウスは右手って人多いのです。

ということは、左利きデザイナーの多くは利き手じゃないほうの手を使ってデザインをしているということ。繊細な作業をするのに利き手を使わないってちょっと驚きじゃないですか?

でもペンタブならば利き手を使うことができるんです。なんとなく良さそうって思いますよね。

ただここで1つ問題がでてくるんです。

メインで使う手が逆になるということは、ショートカット操作でキーボードを打つ手も逆になってしまいます。

慣れ親しんだ左手での⌘+Cを今度は右手で打たなければいけないのです。

これはさすがにやりにくい、せっかく手がキーの配置を覚えているのにと思っていましたが、意外や意外。特に問題なく右手に移行できました。

やっぱりキー配置は手じゃなくて頭で覚えていたんですね。

なにはともあれ利き手で操作できるというのは非常にメリットだと思います。僕個人の意見ではありますが、左利きのデザイナーこそペンタブを使うべきだと思っています。

迷ったらWacom(ワコム)のプロ仕様がおすすめ

最後に、僕がおすすめするペンタブを紹介します。

絵を描くわけではなく、マウス代わりに使うのだったら特に機能にこだわる必要はない。そんなふうに思うかもしれませんが、僕は経験上こだわるべきだと思います。

考えてもみてください。マウスってPCを使うときのほとんどの時間、手で握っていませんか?ペンに変わってももちろん同じです。

これ適当に決めてしまうとほんとに後で後悔しますよ。ものによって使いやすさが全然ちがいますから。

はい。そこでおすすめするのがコレ。

Wacom Intuos Pro Small (PTH460K0D)です。

プロ仕様の最新型で一番サイズが小さいものになります。

Wacom推しの理由

なぜこの機種をおすすめするのか、まずはメーカーから。

Wacom(ワコム)というメーカーは、ペンタブ界ではかなりメジャーなメーカーです。

海外のメーカーと見せかけて(僕が勘違いしてただけ)実は日本のメーカーです。日本製ってなんか安心できますよね。

一度恩恵を受けたのですが、サポートが感動ものでした。

僕はIntuos Proの前のIntuos5という機種を使っています。この機種のペン先は、ねじると外せるようになっていて、誤ってどこかに無くしてしまったのです。

公式ページを見てもパーツだけの販売はなく、売ってもらえないかと連絡してみました。

すると、パーツだけの販売はしていないということだったのですが、なんとその部品のみ送りますよと言っていただけました。お金はいらないと。

数日後、ちゃんと送ってもらえて今でも使っています。

こんな経験があると一発でファンになってしまいますよね。だからというのもあるにはありますが、Wacomのペンタブは書き心地がいいのでも有名です。

それが一番のおすすめ理由です。忖度なしでほんとですよ。

プロ仕様推しの理由

Wacomはプロ仕様のIntuos Proシリーズの他にも、Intuosという廉価版のシリーズを出しています。僕が最初に手にしたbambooという機種の後継機がIntuosです。

ではなぜプロ仕様をすすめるかというと、ペンの作りが全然違うんです。

bambooとIntuosでは、ペンの形状も変わって多少よくなったのですが、PそれでもProのものと比べるとまだまだです。

それくらいプロ仕様のペンは持ちやすく使いやすいです。

もし近くにペンタブを展示しているお店がありましたら、実際に触って比べてみることをおすすめします。

それから、この機種で初めて搭載されたBluetoothでのワイヤレス機能もおすすめポイントです。

今までもワイヤレス機能はありましたが、Bluetoothではありませんでした。

USB端子に送信機を接続して飛ばすタイプでしたので、USBスロットを1つ埋めてしまいますし、最近のMac BookだとUSB-Cスロットしかついていません。

つなぐににはUSB-Aの口に変換してつながなくてはいけないんです。

BluetoothであればUSBスロットを塞ぐこともないですし、コードがなくてスッキリできます。これは便利です。

ワイヤレスじゃなくていいというのであれば、旧機種を選ぶのもありです。

中古でもいいと思うなら割と安く購入できます。

旧機種でのおすすめはひとつ前のIntuos Pro small (PTH-451/K2)とさらにその前のIntuos5 smallです。

これより前の機種になると、ドライバが最新のMacOSに対応していません。

MacOS10.14以降を使っているならIntuos5かIntuos Proを使いましょう。

MacOS10.14以降でさらに前の機種Intuos4をどうしても使いたい場合、ドライバが対応していないので定期的に固まります。そんな時の対処法をこちらの記事で紹介していますが、固まる度に対処する必要がありますのでおすすめはしません。

できるなら最新の機種を使うと長く使えるのでおすすめです。

あ、そうそう、全ての機種でS(Small)サイズをおすすめしましたが、これにも理由があります。

絵を描くなら大きいサイズにメリットがあるのでしょうが、絵を描かない(マウス代わりに使うだけ)なら大きいサイズは邪魔でしかありません。これホント!

大きいサイズになるほど机のスペースを埋めてしまうので、下手したら机から飛び出します。

マウス代わりに使うだけであれば大は小を兼ねないのでご注意を!

もちろん小さいほうが価格がやすいのも理由のひとつです。

まとめ

僕の意見としては、デザイナーがマウス代わりにペンタブを使うのはアリな選択だと思っています。

マウスより操作性は抜群ですし、なにより手首の負担がかなり軽減されるからです。デザイナーは腱鞘炎になる人が多いので対処するに越したことはありません。

気軽に試せるほど安価では無いかもしれませんが、気になっているならぜひぜひ使ってみてください。

購入を検討する際は、ほぼ新品を安く変えるアウトレット検査済み再生品もおすすめです。詳しくはこちらの記事で紹介していますので気になったら読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください