アドビソフトの買い方をわかりやすくまとめてみました

絵が描けないデザイナーでもマウス代わりにペンタブを使うのはあり?

とっぽさん、いつもペンタブを使っているけど絵は描いていないよね。なんでペンタブを使っているの?
やっぱり気になる?僕はペンタブをマウスの代わりに使っているんだよ。

僕は絵が描けないデザイナーです。←決して珍しいことではないですよ。

それでも常にペンタブを使っています。←マウス代わりです!

この記事では、なぜ僕がマウスからペンタブに乗り換えたのか?マウス代わりにペンタブを使うのはありなのか?についてペンタブ歴6年の僕が答えていきます。

ま、ぶっちゃけありだと思うから使い続けているわけなんですが、デメリットも含めてお伝えしますのでぜひ読んでみてください。

マウスじゃだめなの?

ペンタブって絵を描くために使うものじゃないの?絵を描かないならマウスでいいんじゃ・・・

そもそもの疑問ですね。

僕も以前はそう思っていました。

興味を持ったきっかけは、以前勤めていた会社の同僚でペンタブを使っている人がいたからです。

その人は絵を描くこともあったんですが、絵を描かないときも常にペンタブを使っていました。

ペンタブって、普段のマウス操作の代わりにも使えるのか〜って思ったのはそんな姿を見ていたからですね。

ただ自分で買ってまで使ってみようとは思わなかったです。

なんだかんだで高い買い物なので、試しに使うために買うなんて発想はなかったわけです。

そんなとき、掃除をしていると会社の倉庫の棚に使っていないペンタブがでてきたんです。古い機種でしたが壊れてはいなそうでした。

誰も使わならちょっと借りて使ってみようかな。と、思って使ってみたのが最初です。

今振り返ってみても、自分で買ってまで使ってみることはしなかったかなとは思いますね。

使ってみた最初の感想は、

使いにくい。マウスでいいじゃん・・・でした。

同僚のペンタブユーザーに聞いてみると、1週間マウスを使わずにペンタブだけにしたら慣れるよ、とのこと。

せっかくなので言われたとおりとりあえず一週間と思って試してみました。

僕はグラフィックデザイナーなので主に使うソフトはIllustratorとPhotoshop。あとはブラウザーくらいです。

1週間、使ってみた結果は・・・慣れました!

1週間経ったら急になれた訳ではもちろんないですし、どんな操作で1日どれくらいの時間使うっていうのは人それぞれですが、目安として1週間は妥当な期間だと思います。

ちなみに当時僕が働いていた時間は1日だいたい12時間くらいです。ブラックですね(笑)

Photoshopとの相性は抜群

主にIllustratorとPhotoshopを使っていたわけですが、ペンタブとの相性が良かったのはPhotoshopです。

Photoshopで何をするかというと、画像のレタッチ、切り抜き、合成、色・明るさの調整です。

やはりではありますが、ブラシ操作は相性抜群です。

絵を描くのと操作は同じようなものですからね。こういう作業はマウスよりペンのほうがいいのは想像がつくでしょう。

ペン操作にもデメリットはある

多少慣れたとはいっても、ペン操作よりもマウス操作のほうがしっくりくることももちろんあります。

まずはブラウザの操作です。

ブラウジングする際は、スクロールを頻繁にしますよね。

このスクロールはマウスのほうが便利です。

マウスだと、コロコロしたり指をスライドさせたりで簡単にスクロールできますが、ペンだと上下の往復が必要になります。

苦ではないんですけど、マウスと比べると動作が大きいかなという感じです。

デザイン関係でいうと、Illustratorの操作もちょっとひっかかる部分があります。

マウスは机に置いてある状態で動かすので安定感がありますよね。

逆にペンは浮いた状態ですので安定感がありません。

なのでポイントを打ったときに意図せずハンドルが出てしまうことがあるんです。

そうすると直線にするつもりが微妙に曲線になってしまうのでよろしくないんですよね。

まあこれは慣れることである程度は解決できますので、ペンタブを使うと決めたら使い続けることが大事です。

左利きには不利?有利?

実は僕は左利きです。

なのでペン操作は左手で行います。

ですが、マウスは右手で扱っていました。

これ、けっこう左利きあるあるで、左利きでもマウス操作は右手っていう人多いんです。

実際僕が以前勤めていた事務所では、左利き7人中6人が右手でマウスを握っていました。

改めて左利き率が高い事務所だったなーって思うんですが、僕が人生で出会った人で、左手でマウスを操作する人はその一人だけです。

それくらい左利きでもマウスは右手って人多いんです。

で、何が言いたいかというと、もともと左利きなのでエンピツは左で持ちます。

もちろんペンタブのペンも左です。

マウスは利き手ではない手で操作していたので利き手で操作できるペンタブは、左利きに有利だと僕は思っています。

ペンタブを使う前は、右手でマウスを扱うのが普通すぎて、そんなこと考えもしなかったんですけどね。

ペンタブ歴6年の僕の感想

この記事の結論として、マウス代わりにペンタブを使うのは完全にありです。

◎ペンタブ歴6年の僕の感想
◎まとめ

ペンタブは、イラストを描くだけの道具じゃない。
マウス代わりに使うのも全然アリな選択肢です。
普段右手でマウスを使っている左利きの人に、是非試してもらいたいです。

マウスは右手で扱うもの

パソコンを操作する際、右手にマウスを持つのが一般的です。僕は左利きですが、マウスは右手で握っています。でもそれは左利きにとって特別なことではありません。僕が以前所属していた会社には、僕を含め11人のデザイナーがいました。そのうち左利きはなんと6人。半数以上だったのですが、左手でマウスを扱う人はその内1人だけでした。僕が今まで出会った人で数えても、左手でマウスを扱う人はその人だけです。

デザイナーとマウス

デザイナーという職業は、文字打ちよりレイアウトが主な為、マウスをよく使います。

よく考えてみると、その重要な操作を利き手ではない手でするというのはおかしなことなのかもしれません。だからという訳ではないですが、僕は今、マウスを使っていません。何年か前にマウスからペンタブに持ち替えました。ペンタブとは、ペン状のものでマウス操作を行うものです。もちろんペンは利き手である左手で握っています。これにより、ようやく利き手で操作する環境がを手にすることができました。

ペンタブに替えて気づいたマウスとの違い

僕は、パソコンを最初に触った時から、何も疑問に思わず右手でマウスを操作してきました。そんな僕がペンタブに替えた事で改めて気づいたことがあります。

①マウスは手首に負担をかける

サラリーマンデザイナーは、ほぼ1日、パソコンと向き合っています。

マウスを使っているときは、夕方頃になるといつも手首を回していました。腱鞘炎まではいきませんでしたが、今思うと、かなり手首に負担が掛かっていたのだと思います。

特にMac純正のワイヤレスマウスはよくありません。電池が入っているため重量があり、負担が倍増します。会社でMacを新しくした際、一緒に付いてきたので少しだけ使いましたが、すぐにコード付きマウスに戻しました。ペンタブに替えてからは腱鞘炎を心配することがなくなりました。

これだけでも、ペンタブに替える理由になるのではないでしょうか。

②やはり利き手はやりやすい

当たり前のことですが、利き手の作業は快適です。長年使ってきたので、マウス操作を不便と感じることは特にありませんでしたが、ペンタブに慣れてしまった今、写真加工など細かい作業をマウスでしなければならないときは、とても不便に感じます。

③右手でキーボード操作、意外と大丈夫

僕がペンタブに替えるか悩んでいる材料に、ショートカットを右手で行わなければならないという点がありました。左手に染み付いている操作を今から右手に替えるのは大変なのではないかということです。

実際どうだったかというと、全く心配する必要はありませんでした。
確かに右利き社会。ショートカットキーは、左手で押しやすいように設定されているのでしょうが、それだけです。何の違和感もなく操作出来ています。更に、ペンタブには大抵自由に割り振れるボタンが付いています。ここによく使うショートカットを登録することで、より便利に使うことができます。

おすすめのペンタブは?

現在販売されているものでしたら、僕はwacom社のintuos proをおすすめします。

僕が今使っているのは、intuos proの旧機種であるintuos5とintuos4という機種です。どちらも最新のものではありませんが、もともとpro仕様に作られたものですので、十分高性能です。もし、中古でいいから値段を抑えたいという希望があるならこちらの機種もおすすめできます。

サイズも迷いがちだと思います。僕が使っているintuos5はSサイズ、intuos4はMサイズです。絵を描く人は、モニターと同じくらいのサイズが使いやすいと聞いたことがありますが、僕のようにマウス代わりに使おうと思っている人にはSサイズをおすすめします。理由は、Mサイズは思いのほかデカイです(proになってMサイズの奥行きがSサイズに近づきました)。ペンタブの配置はキーボードの手前になると思いまので、サイズが大きくなると、それだけキーボードが遠くなってしまいます。

ペンタブは設定で、ペンが反応する範囲を変えられます。僕は半分くらいまで範囲を狭めています。これにより、手を少し動かすだけで画面のカーソルを端から端まで移動させることができます。この設定をするのであれば、大きいペンタブを使う利点は全くありません。価格を抑える点でもSサイズをおすすめします。

wacom社をすすめる理由

以前、会社でペンタブを使っているとき、ペンの先の三角の部品をなくしてしまいました。無くても動作に影響はないのですが、ペンの握り具合に影響が出てしまいましたので購入を考え、ネットで検索しましたが見つかりません。仕方なく公式ホームページで問い合わせたところ、この部品の販売はしていませんので送りますとのこと。住所を伝えると、数日後もちろん無料で送ってくれました。ちょっとのことかもしれませんが、こういった対応はとても嬉しく、ペンタブをすすめるときはwacomをすすめるようになりました。

まとめ

細かい作業が利き手でてきるので、左利きデザイナーにはペンタブがおすすめです。
機種はwacom社のintuos pro、マウス代わりにつかうのあればSサイズをおすすめします。
慣れるまで1週間程度かかってしまうかもしれませんが、1度慣れてしまえばもうマウスには戻れなくなるほど快適です。僕のように、イラストを描かないデザイナーの人も、ぜひ1度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください