ココナラでロゴ制作はじめました 今ならコミコミ7,000円【Click!!】

RGBとCMYK

 

パソコンやスマホからプリンターで印刷してみたとき、「なんか色味が違うなー」って思ったことありませんか?
画面で見ると鮮やかなのに印刷すると色がくすんで見える、鮮やかな青などは特にイメージが変わってしまっていませんか?

これは、パソコンの画面と印刷物では色の付け方に違いがあるからなんです。

「光の三原色」と「色の三原色」

パソコン画面と印刷物で色の付け方に違いがあると言いましたが、どちらも基本の3色を混ぜ合わせることによって様々な色を表現します。

RGB

まずはパソコンの画面ですが、こちらは「光の三原色」といってR(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の三色の光の組み合わせです。
三色の頭文字を取って、RGBと呼ばれる色の表現方法です。

 

原色ひとつの光の強さ(濃さ)は256段階設定でき、原色は3色ありますので256×3乗で、16,777,216色もの色を表現できます。
三色をMAXの強さで合わせると、一番明るい色である白になり、その逆で全く光を当てないと真っ暗の黒になります。

CMYK

次に、印刷物の色表現方法ですが、こちらは「色の三原色」といってC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)の三色のインクの組み合わせです。
こちらも三色の頭文字を取って、CMY、それに黒のインクKを合わせてCMYKと呼ばれる色の表現方法です。
※CMYKの「K」はBLACKのお尻の文字やKUROの頭文字である「K」と思いがちですが、正しくは「Key Plate(キー・プレート)」という画像の輪郭など細部を表現するために用いられた印刷板の頭文字から来ています。しかし、Kは実質黒と同じようなものですので、K=黒という認識でいいのではないかと思います。

 

こちらはインクを混ぜて色を表現しますので、薄めていないCMYを混ぜ合わせると黒になります。何も色を乗せないと、白い紙そのままで白を表現できます。
絵の具で色をつくる感覚をイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。色を混ぜる程濃く濁ってしまう特性があるため、微妙な色の違いや鮮やかな色を出すことは苦手です。そのためRGBでは表現できてもCMYKでは表現できないといった色ができてしまいます。
パソコンで見た色と実際に印刷したものの色の違いをできるだけ少なくするように、グラフィクデザインをする際のソフトの設定でCMYKの色を使うようにしましょう。
また。CMYKのみでは白の色のインクを作ることはできません。白でない紙で白を表現したい場合は、CMYKのインクとは別に、白のインクを使って表現します。特色といって、特殊な印刷になりますので、印刷会社によっては対応できない場合もあるので注意が必要です。

まとめ

パソコンやスマホの画面と、紙に印刷したものでは色の表現方法が異なります。

・画面→RGB→色を重ねると明るくなる→全てを合わせると白→表現できる幅が広い
・印刷→CMYK→色を重ねると暗くなる→全てを合わせると黒→表現できる幅が狭い

グラフィックデザイン(印刷物のデザイン)では、CMYKでの色表現が基本になります。IllustratorやPhotoshopで作業する場合には、カラー設定をCMYKにして作業してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください