アドビソフトのお得な買い方まとめ記事はこちら【Click!】

グラフィックデザイナーを目指すならイラレとフォトショは習得必須

イラレ」「フォトショ」って聞いた事ありますか?

これらはグラフィックデザイナーがメインで使う、IllustratorPhotoshopというソフトの略語です。

グラフィックデザイナーとして仕事をしていく上で、この2つのソフトの習得は必須です。極端に言うと、この2つのソフトさえ使えればやっていけるくらいです。

僕は運良く未経験で広告会社に採用してもらえましたが、やはり会社側から考えると即戦力のほうが魅力的です。今僕が働いている会社で新しくデザイナーを採用するとしても、やはり経験者、少なくともIllustratorとPhotoshopが使える人を採用するでしょう。

このブログでも、IllustratorとPhotoshopを使ってデザインをつくっていきます。
まだ持っていない方は、是非手に入れてください。

Illustratorはどんなソフト?

IllustratorはAdobe(アドビ)社のソフトです。
イラストを描くソフトですが、ロゴを作ったり、ポスター・チラシを作る際にも使います。

このソフトの特徴は、線と面で描画することです。簡単に言うと、線で形を作り、線で囲まれた面に色をつけることでデザインしていきます。
形を線で管理しているので、拡大縮小や変形をしても劣化しません。その為修正や微調整がしやすく、チラシ制作などに適しています。

写真など、画像の取り扱いについては基本的には配置するだけです。配置を工夫したり、配置した画像の上に文字やイラストを重ねたりしてデザインしていきます。

Photoshopはどんなソフト?

PhotoshopもIllustratorと同じくAdobe(アドビ)社のソフトです。
こちらは名前の通り、写真を加工するソフトです。

色調を変えて写真の雰囲気を変えたり、シミやほくろを消したり、合成もお手の物。非常にできることが多く、本格的な絵を描いたりもできます。

Illustratorは線と面で描画すると言いましたが、Photoshopは点で描画します。
細かい方眼紙の1マス1マスに色をつけていって、離して見ると絵になっているといった感じです。点が細かい程複雑でキレイな画になりますが、拡大縮小には弱く、劣化してしまうので注意が必要です。また、加工を重ねるとデータ容量も大きくなってしまいます。その為、グラフィックデザインではPhotoshopのみで完結することは多くありません。背景や複雑な加工が必要な部分のみをPhotoshopで行い、Illustrator上で文字を入れたり装飾をして仕上げるといった方法が一般的です。

どうやって入手するの?無料で使う方法はある?

購入方法

これらのソフト、一昔前はパッケージ版としてDVD(CD)が家電量販店に並んでいました。

現在は、パッケージでの販売は行っておらず、ダウンロード版の購入しかできません。
さらに現在は、月額制(年額制)での販売に限定されています。パッケージ版ではIllustratorだけで10万円近くしましたが、月々2,000円ちょっとで使用できます。
Photoshopですと、フォトプラントいうのがあり、Lightroomというソフトとセットで1,000円程度です。

IllustratorとPhotoshopを使うだけであれば毎月税込3,500円程度で使用できます。

使っている間はずっと料金が発生するのは難点ではありますが、常に最新バージョンを使用できるという利点もあります。
また、コンプリートプランという月額5,000円程度のプランですと、20種類以上のソフトが使い放題になります。本格的な映像編集ソフトやWebデザインのソフトもありますので色々使いたい方にはとてもお得なプランです。

販売場所

販売場所は、公式サイトの他、Amazonや一部の家電量販店でも取り扱っています。
ただし、公式サイト以外は年間ライセンスのみの販売になります。

体験版

公式サイトからダウンロードすると、7日間無料体験できます。
期間内であれば全ての機能が制限なく使用できますので、どういったソフトかを確認するにはいいかもしれません。

まとめ

イラレ(Illustrator)とフォトショ(Photoshop)はグラフィックデザイナーに必須のソフトです。高額のソフトですが、現在は月額制で使いやすくなったのではないでしょうか。

公式サイトでの購入はちょっと複雑で面倒ですが、是非手に入れてください。

間違っても海賊版に手を出してはいけませんよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください