ココナラでロゴ制作はじめました 今ならコミコミ7,000円【Click!!】

Photoshopでeps保存の選択肢がないときはここをチェック!

Illustratorでデザインするとき、画像を使う場合は配置して使います。その配置する画像は、基本的にはPhotoshopを使ってeps形式に変換して使います。

やり方は、提供された写真をPhotoshopで開き、明るさを調整して解像度を72dpiから350dpiに変更、カラーモードをRGBからCMYKに変更したらあとはeps形式で保存するだけ。

とくにつまずく要素もなく、いつもどおり⌘+shift+sで別名保存、名前を変えたら保存形式をepsに…

ん、選択肢にepsがない!?

というときの対処法です。

epsがない時はここをチェック

見るところは、画面の一番上、イメージからモードを選択。

ここの8bit、16bit、32bitと書いてあるとことをみてください。どこにチェックがついていますか?16bitや32bitにチェックがついていませんか?これ、8bitじゃないとeps保存ができないんです。

なので、解決策としては8bitにチェックをいれる。これだけで解決できます。

はい。選択肢にPhotoshop EPSが出てきました!

これ、なぜ8bitじゃないとeps形式を選べないかというと、単にeps形式が、8bit以外(16bitや32bit)をサポートしていないからなんです。

epsは古くからある汎用性の高い形式で、昔から印刷に使われていた形式です。

一昔前までは、印刷所に入稿するデータといえばeps形式というのが常識でしたが、今では特にepsでないと駄目だという印刷所は少ないのではないでしょうか。pdf入稿というのも、割と主流になってきていますしね。

それでもやはりIllustratorに配置するのはeps形式というのが主流だと思いますので、epsの選択肢がないとなったら16bitや32bit担っていないかをチェックしてみてください!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください