アドビソフトのお得な買い方まとめ記事はこちら【Click!】

テキストの丸数字文字化けの簡単な対処法

WindowsからMacに送られてきたテキストファイル。中身を開いてみたら関係ないところに㈰や㈪などのカッコ曜日文字が書いてあるなんてことありませんか?

これは何かというと、①や②といった丸数字が文字化けしている状態なんです。

文字が起こる理由

①や②といった丸数字は、記号のような扱いで機種依存文字といいます。

Windows、Macで表示方法が違うため文字が化けてしまうのです。携帯電話の絵文字がいい例かもしれません。docomo特有の絵文字がauやsoftbankでは表示されないようなものです。

この丸数字の文字化けがやっかいな点は、全部の文字がおかしくなっている訳ではないということです。文章の中の数文字だけ文字化けするので気づきにくいかもしれません。ただし、㈰のようなカッコ曜日文字は普段つかうことがないのでほぼ文字化けだと思って大丈夫です。

文字化けの対処法

では、文字化けを見つけたときにどう対処したらいいでしょうか。

一番簡単な対処法は、テキストファイルをブラウザで開くことです。

テキストファイルは、Macのデフォルト状態ではテキストエディットというソフトで開かれます。ファイルをダブルクリックすることで勝手に開かれるソフトが、デフォルトのソフトです。

これを、ダブルクリックではなく、ブラウザのアイコンにドラッグ&ドロップするとこでブラウザで開けます。ブラウザで開くことによって文字化けが解消されているはずです。

操作方法

文字だけでは伝わりにくいかもしれませんので念の為図解します。

まず文字化けしているファイルはこんな感じです。

文字化けが確認できたらファイルは閉じてしまってかまいません。次はテキストエディットではなく、ブラウザで開きます。

デスクトップにDockがあれば、そこにブラウザのアイコンがあるか確認します。おそらくGoogle ChromeFirefox、もしくはSafariがあると思います。

2つ以上ある場合は、Chrome>Firefox>Safariの優先順位でブラウザを選んでください。※Safariで開いた場合、文字化けが直らい現象が確認されています。

ブラウザが確認できたらテキストファイルをブラウザにドラッグ&ドロップ

するとこんな風に文字化けせずに表示されます。

はい、これで解決です。

 

おわりに

ブラウザで化けることなく表示されている文章全てを選んでコピーし、テキストエディットで新規に作ったファイルにペーストすることで、次回テキストエディットで開いても文字化けしないファイルが作れます。必要でしたらやってみてください。

また、テキストの中身ではなく、ファイル名自体に丸数字が使われていて化けしてしまったときの対処法もあります。こちらの記事にまとめてありますので、お困りの方、興味ある方はぜひ読んでみてください。
[st-card id=173]

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください