デザイン用途ならiMac(デスクトップ)とMacbook(ノート)どっち?

自宅用にMacを買いたいんだけど、iMacとMacbookどっちを買ったらいいのかなー
用途はデザインだよね?自宅用ってことだけど、持ち運ばければならない理由はあるのかな?

う〜ん、持ち運べれば便利だとは思うけど今の所持ち運ばなければならない理由はないかな。
だったら僕はiMacを推すよ。理由はこの記事で紹介するね。

デザイン用途のMacで重視すべきものは

Macとひとことで言っても、iMac、Macbook、Mac mini、Mac Proなど様々な種類があります。

これらの違いは何でしょうか?

「形?」「デザイン?」「スペック?」

はい、全部正解です。

が、本質は「使用目的」の違いです。

それぞれ何かしらの使用目的に特化しています。

例えばMacBook。これはノートなので当たり前ですが持ち運ぶことを前提に作られています。

MacProの場合は超高スペック、3D映像制作などスペックに依存する作業を快適に行いたいならこれしかないでしょう。

そんな感じでそれぞれ得意分野があるわけです。

なので、デザイン用途に最適なMacが知りたければデザインに必要な要素を考えればいいんです。

デザイン用途として重視すべき点は、デザインするときの作業に隠れています。

書き出してみると

デザインで行う作業と頻度

・カーソルを動かす時間が長い
・拡大縮小も割と頻繁
・何気に文字を結構打つ
・複数のソフトを切り替えて使う

これらを快適に行えるものが適正なMacと考えられます。

ひとつひとつ見ていきましょう。

カーソルを動かす

デザインに限らず、パソコンの操作といえばまずはこれでしょう。カーソルを合わせてクリック。

デザインする際は、この操作がなければなにもできません。

ノートパソコンについているタッチパネルでも操作できますが、やはりマウスの方が操作性は高いです。

別途購入すれば同じ条件になりますが、標準で付属しているiMacが有利といえるでしょう。

拡大縮小を頻繁に行う

デザインする際は、全体を引いて見てバランスを整えたり、一部に焦点をあてて作り込んだりを繰り返して精度を高めていきます。

そのためには拡大と縮小を繰り返す必要があるのですが、この拡大と縮小の頻度に関わってくるのが画面の大きさです。

画面が大きければ、同じ大きさでもより広い範囲を表示できます。

全体を見つつ細部を詰めることができるということです。

そんなの別に頻繁に拡大縮小すればいいことだと思うかもしれませんが、意外とこれストレスになるんですよ。

特に重たいデータだと画面が切り替わるだけで動きがカクついてしまいます。

できれば画面を動かしたくないわけです。

そうでなくても余計な操作は少ないに越したことはありません。

iMacの最低サイズは21.5インチ。MacbookProの最低サイズは13インチ。

この差はやはり大きいです。

なにげに文字を打つ

カーソルを動かすのが主な動作とは言いましたが、それでも文字は打ちます。

テキストデータを支給されれば打つ必要はありませんが、毎回そうとは限りません。

ただ文字を打つだけならキーボードがついているのでノートでも変わりなく思えますが、値段を複数打たなければならないときはテンキーの重要度がかなり高くなります。

最近はiMacに付属しているキーボードも小さいのが主流のようですが、できればテンキー付きのものを選ぶことをおすすめします。

ソフトは複数切り替えて使う

デザインに使うソフトの代表格はIllustratorとPhotoshop。

デザインする際は主にこの2つのソフトを切り替えて行います。

この2つのソフト、バージョンが上がるたびに機能が増えて便利になっているのですが、それに伴い必要スペックがどんどん高くなってきています。

スペックを考える際、これらを快適に操作するにはメモリ16GB以上とストレージはSSDが望ましいです。

メモリ8GBならSSD、ストレージがHDDならメモリ16GB。

最低でもどちらかはクリアしたいところです。

コレに関してはiMacもMacbookも購入時のカスタマイズでクリアできます。予算ん合わせてスペックアップしてください。

まとめ

以上のことを踏まえて表にしてみました。

機種判定備考
iMac(キーボードはテンキー付きを選択)
Macbook(画面が小さい、マウスがない、テンキーがない)
Mac mini (モニターが別売り)
Mac Pro(モニターが別売り、高額、オーバースペック)

Macbookは持ち運ぶことを重視しているので画面、キーボードは妥協せざるを得ないので△。

Macminiはモニターさえ用意できれば◯、MacProも同じですがオーバースペックの分値段が高くなってしまいます。

なのでオールインワンで画面サイズもそこそこ、お手軽価格のiMacが総合的に最適Macと考えられるのです。

この記事のテーマは、デザイン用途で選ぶMacに最適なのはiMacかMacbookかということでした。

他のMacとも比較してしまいましたが、総合的にiMacが最適です。

どうしても持ち運ぶ必要がないならiMacを選んでおけば間違いないです。

その際は、メモリとストレージはお財布と相談してなるべくスペックアップすると長く使えますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください