【イラレ】文字にフチを付けたらギザギザのトゲがでたときの対処法

駆け出しデザイナー かけるくん

イラレで文字に縁をつけたらなんかギザギザするトゲができてしまったんだけど、どうにかならない?
いくつか対処法があるから紹介するよ。仕上がりの雰囲気が変わるからイメージに合う方法を使ってね。

とっぽ

イラレで文字にフチを付けるときはこんなふうに線幅を大きくしてフチをつけていきます。

アピアランスでもできます

そんなとき、書体と文字によってはフチにギザギザしたトゲみたいなものができてしまうことがあります。

わかりにくいかな

今回はこのトゲがつかないようにする方法を紹介します。

角を丸くする

1つ目の対処法は、角を丸くすることです。

このトゲは角がとがっていないと出てきません。

角を丸くすることによってトゲをおさえることができます。

やり方は「線パネル」の「角の形状」を真ん中にすることで角丸にできます。

角丸はこんな書体におすすめ

角丸による対処法は、明朝体など柔らかめの書体におすすめです。

また、ゴシック体でもやさしい雰囲気を出したいときは角丸が合います。

やわらかめの書体には角丸が合うね

角を丸くしたくないときは

一方、角を丸くしたくないときはどうでしょう。

ゴシックのカクカクした感じを活かしたいとき、アメコミ風とか、POPだけどキリッとさせたいときは角を丸くしたくないですよね。

カクっとした書体は角丸にしたくないよね

そんなときはここ、比率を小さくしましょう。

初期設定は10。2〜3くらいならトゲがでないかな

ただこれやりすぎると関係ないところに影響がでて縁が切れてしまったりします。

1にするとたいがい切れてしまうので、2か3あたりで調整するといいでしょう。

この調整でほとんどの場合解決するはずです。

最終手段

それでもどうしてもうまく行かない場合もあります。

そんなときには最終手段を使いましょう。

文字をアウトライン化、さらにパスをアウトライン化して飛び出てしまっているパスを削除する方法です。

⌘+シフト+OでもOK
「オブジェクト」→「パス」→「パスのアウトライン」
これでトゲが消えてきれいに!

アウトライン化するので当然打ち替えはできません。なので最終手段になります。

ロゴにするなど、打ち替えないことが前提のときに使うといいでしょう。

まとめ

角丸にしてしまえば解決するにはするのですが、個人的にはあまり角丸すきじゃないんですよね。

特に太いゴシック体でドーンって感じのものは角がとがってたほうがかっこいいです。

ま、結論好みなんですがいろんな対処法を知っておくと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください