アドビソフトのお得な買い方まとめ記事はこちら【Click!】

PDFをイラレで開いたら文字化けしたよ困る〜となったら読んでみて

支給されたPDFをベースにチラシを作ることになったんだけど、イラレで開くと文字化けしてしまうよ、困ったな〜

支給されたデータにアウトラインがかかってなかったんだね。打ち替えるには便利だけど書体が変わるとイメージが変わってしまうからね。イラレ上でアウトラインをかける方法を教えるよ。

そんな方法があるんだ!ぜひ教えて〜!

 

書体が残っていて文字化けしてしまうPDFにイラレ上でアウトラインをかける方法

普通にイラレで開くとフォントが無いというアラートが出て文字化けしてしまう。アウトラインがかかっているデータであれば打ち替えることはできないが、フォントを持っていなくても本来の書体で表示される。

 

↓これが本来の書体

しかし、クライアントからPDFが支給される場合など、アウトラインがかかっていないものしかもらえない場合は多々ある。

そんな時、普通に開くと文字化けしてしまうが、本来の書体でアウトラインをかける方法がある。

Acrobatを使ってもアウトライン化できるが、イラレで使うものなので、やはりイラレで処理できたほうが使い勝手がよい。

今回はイラレで処理する方法を紹介する。

1.新規ドキュメントを開く

まず「ファイル」「新規」より新しいドキュメントを作成する。サイズは任意でOKだ。

2.PDFをリンク配置する

次に、作成したドキュメントにPDFをリンク配置する。


リンク配置するには、メニューバーの「ファイル」から「配置」を選ぶ。すると配置したい画像を選ぶダイアログが表示されるので、配置したいPDFを選択する。


配置する際、リンクにチェックが入っていことを確認。ここにチェックが入っていないと埋め込み状態になり、もじばけしてしまう。


リンク配置されると、こんなふうに文字化けしていない状態で貼り付けられる。ただしこの状態は1枚の画像と同じ状態で、編集は何もできない。

3.配置したPDFを選択した状態で「透明部分を分割・結合」を選ぶ

メニューバーの「オブジェクト」から「透明部分を分割・結合」を選択。

 

するとこんな設定画面が現れる。

設定は上の図を参照してほしい。重要な部分はまず「ベクトル」を100にすること。ラスタライズ100にしてしまうとすべてが画像化されてしまう。

次に「すべてのテキストをアウトラインに変換」にチェックをいれる。ここにチェックをいれることでアウトライン化することができる。

他は特にいじらなくていいが、「すべての線をアウトラインに変換」にチェックが入っていたらはずすことをおすすめする。編集する必要があるなら、線は線で残しておいたほうが楽だからだ。

4.アウトライン化完了

設定が終わったらOKボタンを押して完了。無事アウトライン化されているはずだ。

 

これで無事アウトライン化が完了したと思う。これで持っていない書体のものも対応できるね。でも文字の編集も必要なら、似た書体に置き換えるのもありな方法だよ。場合によって使い分けてね。

 

こんな使い方もおすすめ


組み替えたり文字を打ち替えたりする必要があるなら、せっかく残っている文字情報をぜひ活用したい。そんなときはメインコピーなど、目立つところのみ書体を合わせるためアウトライン化したものを使い、小さい文字などは似た書体で置き換えてしまうのも手だ。

後々の作業効率を考えて色々試して見てほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください