アドビソフトのお得な買い方まとめ記事はこちら【Click!】

イラレでテキストが微妙に傾いてしまった時はこうやって戻せばよい

さてと、これを打ち替えて・・・
あれっ!このテキスト、なんか傾いてる!?

どうしたの?

なんか気づかないうちにテキストを傾けちゃってたみたいなんだ。無意識だから角度がわからないんだけど、どうやったら簡単にもどせるかなぁ。

 

イラレでデザインをしていると、知らぬ間にテキストが微妙に傾いているときはないだろうか。

これは、バウンディングボックスを表示しているとき気づかず誤って触ってしまったことが主な原因である。

意識的に回転させたわけではないので当然動かした角度はわからない。昔のバージョンのイラレ(CS6とか)だと、どれだけ回転させてしまったかを知る術がなかった。

ただ、今のバージョンのイラレ(CC)は優秀で、角度が分かるばかりか、ワンタッチで元の角度(0度)にもどすことができるようになった。※元々傾けていた(0度じゃない)場合を除く

今回紹介するのは、CCでの簡単な直し方と、それ以前のバージョンでの対処法だ。昔のバージョンからイラレを使っている人は逆にCCで追加された機能を知らなかったりするので興味があったら読んでみて欲しい。

 

テキストが微妙に傾いてしまった時の対処法(CCの場合)

バージョンがCCの場合は、バウンディングボックスの傾き具合を知ることができる。確認できる場所は、「変形パネル」だ。

↓これが変形パネル

変形パネルには、角度が書かれている場所がある。「Y」の下の、単位が「°」になっているところだ。

では、傾いてしまったテキストを選択した状態でこの項目を見てみよう。

微妙に傾いているだけあって、中途半端な角度になっていると思う。これが、今どれくらいの角度傾いているかの数値である。

 

なので、元の水平に戻したければここの数字を0°にしてあげればいい。

簡単でしょ?

 

テキストが微妙に傾いてしまった時の対処法(CS6以前)

実は、CCより前のバージョンだとしても、変形パネルに角度の項目はある。

だったら同じようにここ0°にすれば・・・

そう、旧バージョンのイラレだと傾いたテキストを選んだ状態でも、この項目は0°になっている。

なのでCCの時のように、ここを0°にするという方法が使えない。

ではこの項目、どういうときに使うのかというと、「回転」の機能と同じで、回転したい角度を打ち込めば、今の状態から打ち込んだ角度分だけ回転させることができるというものだ。

そして回転したと同時に勝手に0°にリセットされる。なんとももどかしい機能である。

では旧バージョンで傾きを直すにはどうすればいいか。

テキストならではの方法。コピペを使う方法で対処できる。

 

具体的なやり方

STEP.1
傾いてしまったテキストを選択
STEP.2
カット(⌘+X)
STEP.3
テキストツールを選択して、ドキュメントの何もないところをクリック
STEP.4
ペースト(⌘+V)
STEP.5
元の位置にもどす

戻し方は選択ツールでもいいし整列を使っても良い。やりやすい方で

ちょっとめんどくさいかもしれないが、これでしっかり角度を戻すことができる。大きさや色もそのままなのでこれが一番簡単な方法だろう。

手作業で角度を戻そうとするよりは簡単じゃないかな?

まとめ

最新バージョンのイラレであればとても簡単に対応できるが、以前のバージョンであっても少しの手間で問題なく対処できる。最新バージョンでもバウンディングボックスがおかしくなってしまった場合は変形パネルで戻せないこともあるので、どちらの方法も覚えておくといざというときに役に立つだろう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください