ココナラでロゴ制作はじめました 今ならコミコミ7,000円【Click!!】

形が崩れて読めないQRコードをキレイなベクターに変換する方法

形が崩れて読み込めなかったり読み込むのに時間がかかったりするQRコードを見たことありませんか?読めないQRコードは掲載してもまったく意味をなしません。読めたとしても形が崩れたQRコードは見た目が悪いですよね。そういうQRコードしか手元にないときはそれを使うしかないと思われるかもしれませんがこんな方法もあります。見た目にこだわるデザイナーは試す価値ありです!

簡単にドット絵をつくれる

先日ネットで調べものをしている際、面白い記事をみつけました。
イラストをドット絵にする方法を紹介する記事です。

イラレでかんたん!ファミコン世代が大好きなドット絵・モザイクイラストの作り方-Illustrator

僕もファミコン世代なので、懐かさもあり興味深く読ませてもらいました。
ドット絵は職人技だと思っていましたので、イラレで簡単にできるやり方は、まさに目からウロコでした。絶対どこか仕事で使ってやろうと密かに思っています。

やり方を簡単に紹介すると、
ラスタライズしたイラストに「モザイ方法ブジェクトを作成」という機能でモザイクをかけるといった方法です。

その際、設定でドットの大きさを指定できるので、ファミコン寄りかスーファミ寄りか、はたまたもっと細かくするかを自由に調整できるのも素敵なところです。

 

QRコードに応用する

この前、QRコードをベクターデータにする記事を書きました。

jpgなどのQRコードをベクターデータに変換する簡単な方法【Macのみ】

それに関連して、ちょっと変わった使い方を思いつきました。
形のくずれたQRコードを復活させるという使い方です。

どういうことかというと、

こんな形のQRコード。
どういった経緯でこんな形になってしまったのかわかりませんが、クライアントから広告に入れてくれと渡されることがあります。結構そのままでも読み込めたりするのですが、読み取るアプリによっては時間がかかったり、読めない場合もあります。なんとかキレイな形に戻せないかと常日頃考えていました。

QRコードも四角の集合体でドット絵みたいなものです。くずれて曲線になってしまった所を直線にできればちゃんとしたQRコードになるのではないかという理論です。

 

では本題のやり方です

1.まずQRコードをフォトショップで開いて、余白のないギリギリのところでトリミング。保存します。

 

2.QRコードをドット絵と考えて、横(or縦)一列が何個のドットで構成されているかを数えます。
   このQRコードは一列25個のドットで構成されていることがわかりました。
※QRコードは正方形なので、縦横どちらか数えやすい方を数えればOKです

 

3.QRコードの画像をイラストレーターで開き、ラスタライズ。
カラーモードを「グレースケール」、アンチエイリアスを「文字に最適」に変更します。解像度は「高解像度(300ppi)」になっていなければ変更してください。

4.ラスタライズしたQRコードを選択し、「モザイクオブジェクトに変換」を適用。
タイル数の項目に、2.で数えた一列のドット数(今回は25)を入力。オプションの効果を「グレー」、「ラスタライズデータを削除」にチェックをいれてOKを押します。

5.変換されました。見事復活です!

最後にデータを整えます

このままでもいいですが、せっかくなので 前回の記事同様キレイなデータにしましょう。先ほど変換して出来たベクターデータは、白と黒のドットに分かれました。これを、スッキリした黒のみのデータにします。
※わかりやすいように背景をグレーにしました。

まず、白のドットを選び「選択/共通/カラー(塗り)」を適用します。

すると、白いドットのみが選択されるので、その状態でdeleteを押すと黒いドットのみのデータになります。

最後に前回の記事でも書いた、パスファインダーの「合成」を使うとキレイなデータが完成です。

このようにキレイなデータが出来上がりました!

おわりに

この方法、フォトショップでトリミングしたり、四角の数を数えたりと、ちょっとめんどくさい作業です。トリミングがずれるとうまくいかなかったりもするので需要ないかなーとも思いましたが紹介してみました。
共感して使ってくれる人。さらに応用して別の用途を思いついてくれる人がいてくれたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください